FC2ブログ

JYJ大阪レポ^^

東方神起
12 /14 2014
昨日は久々にJYJのライブ~~

1個前の記事でエイネ以来見てないって書いてたけど、昨日友達とライブ前に会って喋ってたら、私前回の京セラに来てたらしい

全く記憶に無いんだけど、気になってブログで確認。。
そしたら2010年にあった京セラに行ってた~~

行ってるやん。。私。。

もう最近記憶が。。。
ホントにやばいです><

昨日は行きからトラブル続きで。。
家を出ようと思ったら、旦那さんが出先からメールで「○○電車全線普通」って~~
別の線を利用しようと車で別の駅に向かい、駅につくと元々の線が復旧して動き出したって~~><
結局、いつもの電車で京セラに向かってたけど、スマホ触ってて降りる駅を過ぎて、終点の駅まで行ってしまった。。
また戻って。。

ライブのだいぶ前に待ち合わせしてたから、コンサートには全然間に合う。。
みんな先に到着して盛り上がってた。。
店の有線が邪魔してたけど、よーく聞くとリハの音が聞こえる~~♪
京セラに何度も来てるけど、こんなに早く来たことなかったかも。。
長いことリハやってた。。
ラッキ~~
熱心にやってる~~2時間半ぐらいはやってたかな?
(見習わないとダメだよ。。)

みんなとワイワイ喋っていつもどおり楽しかったよ~~^^
めっちゃ懐かしい友達にも会えて嬉しかった
すっかりジソから足を洗い、JYJペンになってました。。
あんなに熱かったのに~~
仕方ないね。。

事前に友達から予習するようにもらったCDがあったおかげで盛り上がれました。。
グッズ販売がなかったので、ペンラもなかったけど、これも余ってるからと別の友だちに借り。。
チケットも友達に譲ってもらい。。
すべて友達のおかげ~~

コンサートは本当に良かった~~^^
3人は変わらず仲良しで、トークの日本語も上手い。。
メンバー全員が日本語喋れるっていうのがいいね。。
日本人の歌も何曲か歌ってくれたし。。

役者もしつつ、歌やダンスをちゃんと練習してるね。。

最近、ビッベン熱が下がってきたところだったので、JYJ株一気に上昇。。
元々ユチョン好き♪
JYJはいいけど、親の介入がうざいね。。
いつか自分たちのやりたいようにできるようになったらいいね。。
来年は入隊するのかな?
また大阪に来てね~~
待ってるよ~~

これからビッベン熱上げれるなにか見つかるかな?
ライブ良くないと無理かも~~
どうなっていくでしょうか。。この浮気癖。。。笑

JYJ、大阪に魔法をかけた!ジェジュン&ユチョンの19禁ギャグからジュンスのオヤジギャグまで…笑いと感動の絶えない3時間

OSEN |2014年12月14日17時58分
写真提供=C-JeSエンターテインメント
JYJが京セラドーム大阪を埋め尽くした3万7000人のファンに魔法のようなステージを届けた。
141214.jpg

C-JeSエンターテインメントは14日「JYJは11月に東京ドームで『2014 JYJ JAPAN DOME TOUR 一期一会』の幕を開けた。東京ドーム公演では2日間で10万人のファンたちと会い、JYJの日本での最高の人気を証明した。13日に開かれた大阪公演は、その熱気を続けるステージであり、3時間にわたって繰り広げられたJYJの情熱あふれるライブに、客席の全てのファンたちが立って歓声を上げた」と話した。

JYJは爆発的な歌唱力とキレのあるダンスで大型ステージを飾った。「Empty」「Be the one」「Valentine」「Back seat」では、JYJならではのセクシーなパフォーマンスと強烈なビートのダンスを披露してファンたちを熱狂させ、「Let me see」「In heaven」「So so」では3人の美しいハーモニーが会場を埋め尽くした。

JYJのパワフルでエネルギッシュなステージは、各メンバーのソロステージでさらに多彩になった。ジェジュンはレミオロメンの「粉雪」、ジュンスは中島みゆき(絢香)の「空と君のあいだに」、ユチョンは福山雅治の「最愛」を歌うなど、日本のヒット曲でファンたちに特別なプレゼントを届けた。メンバーそれぞれが日本のファンへの気持ちを込めて、たくさんの曲を披露した。会う機会は少ないけれどいつも感謝しているという気持ちが込められた熱唱に涙するファンもいた。

それぞれの個性あふれるステージでジェジュンはロックアーティストとしての才能も見せつけた。B'zの「Ultra Soul」と自身の1stソロアルバムの収録曲「Butterfly」を通じてカリスマ溢れるステージを披露した。ジュンスは2ndソロアルバムのタイトル曲である「Incredible」とともにパワフルなダンスパフォーマンスを通じてファンたちを熱狂させた。ユチョンの彼特有の甘いムードを醸し出す「I Love You」で魅力をアピールした。

JYJとファンたちはバラエティ番組のワンシーンようにコミュニケーションを行った。JYJはトークをしている間ずっとジョークを言い合い、お互いのキャラクターをネタにユーモラスな発言を続けた。ジュンスのオヤジギャグ、ジェジュンとユチョンの19禁ギャグにファンたちは歓声を送った。さらに日本で最も流行っている流行語や大阪弁まで披露して、MC中も笑い声の絶えない公演となった。

大型ドームをいっぱいに埋め尽くしたファンたちの応援はまるで夢のようだった。音楽と共に踊る赤い波の中、JYJとファンたちは夢の楽園にいるように公演を楽しんだ。JYJが約3時間にかけて披露した輝かしいステージの主人公は、専らファンたちだった。ファンたちはアンコールステージを待ちながらアーティストへの尊敬の気持ちで拍手や歓声を送り続けた。

JYJは14日午後も大阪コンサートを開催し、23日~24日は福岡ヤフオク!ドームで「2014 JYJ JAPAN DOME TOUR 一期一会」を開催する。

元記事配信日時 : 2014年12月14日10時44分 記者 : ソン・ミギョン
スポンサーサイト

気になるNEWS^^

東方神起
07 /24 2013
いい命令が出た

なんなん?SM。

妨害してないって。。。
さんざん邪魔しといて。。。

これで普通にTVに出たり、プロモーション活動ができたらいいけど。。


JYJがLINEでもメッセージくれてたね。。


公正取引委員会「JYJの活動の妨害禁止」…SMとJYJの攻防(総合)
OhmyStar |2013年07月24日17時49分

130724j.jpg
写真=C-JeSエンターテインメント

依然として歌手活動に制約をかけられているJYJを、これからはテレビで見られるのだろうか。

公正取引委員会(委員長:ノ・デレ、以下、公正委)は24日の報道資料を通じて、JYJの放送出演と歌手活動を妨害した元所属事務所SMエンターテインメント(以下、SM)と韓国大衆文化芸術産業総連合(以下、文産連)に対し、是正命令を下したと伝えた。

元東方神起のメンバー3人が結成したグループJYJとSMの確執は2009年6月に遡る。当時東方神起のメンバー3人(ジェジュン、ユチョン、ジュンス)は、SMと締結した専属契約が不公正だと問題を提起し独立した。この過程でSMとの間で訴訟が発生した。

問題はその次だった。2010年10月、彼らがJYJ名義で1stアルバムをリリースし、歌手活動を再開しようとすると、SMと文産連は1stアルバムの流通会社である(株)ワーナーミュージックコリアと地上波放送3局、6つの音楽・バラエティ関連ケーブル放送局、11のアルバム卸小売販売業者、5つのネット音楽配信事業者など、26の事業者に対してJYJの放送へのキャスティング及び出演の自制を要請する公文を発送する形で芸能活動を妨害した。

公正委によるとSMと文産連は、所属事務所と紛争を起こしたJYJに対し、芸能界の秩序維持などの意味で芸能活動を自粛させることに合意しており、この公文にはJYJに関する確認されていないSM側の一方的な主張が盛り込まれていたという。公正委は「公文に『法律上の問題はもちろん、大衆文化と韓流が逆行することになる』と示されている」とし、「3大企画事務所としてのSMの影響力と芸能関連団体からなる文産連の特性を考慮した時、同公文は関連事業者にとって相当な圧力に働いた」と説明した。

よって公正委は同公文を受け取った放送局など26の事業者に是正措置を受けたことを通知することを命じた。公正委は「大型芸能企画事務所が自身の影響力を土台に事業者団体と一緒に訴訟中の芸能人の事業活動を妨害した行為を禁止させたことに意義がある」と自ら評価した。


JYJ「厳しい戦いの中、光を見た」 vs SM「妨害したことがない」
公正委の今回の是正命令に対しJYJは、現所属事務所のC-JeSエンターテインメントを通じて「2009年から始まった辛い戦い、そして終わりのない砂漠を歩いている気分ですが、本日の発表により状況が少しずつ改善されていることが感じられ、大きな力を得ました」とし「今回の公正取引委員会の是正命令をきっかけに、人々にとって公正なステージで、また偏りのない環境で芸能活動ができることを願います」と感想を伝えた。

「さらに今後後輩にもそういった道が開けることを願います」としたJYJは、「まだまだ先の長い真っ暗なトンネルですが、今日はそのトンネルの中で一筋の光が見えた気がします」とし、「その光に向かって休まず歩きながら素敵な活動でお応えできるよう、どの瞬間も最善を尽くします」と覚悟を述べた。

公正委の調査に感謝の意を示したC-JeSエンターテインメントのペク・チャンジュ代表は「今回の調査でSMがエンターテインメントのビジネスの独占的かつ優越な地位を濫用し、自身と意見の異なる相手に不利益を強いる行為を何度も行うなど、公正取引法を違反した事実が明らかになった」とし、「慣行になった文化界の『スーパー甲』(取引において優位な立場にいる者を指す言葉)の横暴に警鐘を鳴らすきっかけになったと思う」と伝えた。

「4月にSMとの調停が合意されてからも、JYJは依然として不公正な外圧に悩まされた」と明かしたペク・チャンジュ代表は「これ以上権力を持つ少数のスーパー甲の専横に、韓国のエンターテインメント産業が振り回されてはならない」とし、「未だにJYJは、アルバムをリリースしても地上波放送局の音楽番組には出演できない不利益を被っているが、今回のように政策と制度が裏付けられるのであれば、これからは公正な舞台が展開されると思う」と付け加えた。

一方、SMもまた公正委の発表に対する公式立場を伝えた。SMは「(JYJの活動に関する)妨害行為をした事実がないにもかかわらず、今回の決定は大変遺憾だ」とし、「今回の決定に対し、法律上の対応を検討している」と伝えた。
元記事配信日時 : 2013年07月24日14時07分 記者 : イ・オンヒョク

JYJ^^

東方神起
04 /05 2013
JYJのコンサート良かったみたいやね~~

私の友達はみんな泣いたって言ってました。。

次は大阪でぜひ~~♪

【REPORT】JYJ東京ドーム公演「もう二度とお別れはない!」熱い歓声と涙
OhmyStar |2013年04月05日17時56分

130405.jpg

(C)C-JeSエンターテインメント
3年間、JYJは日本での活動に制約を受けていたが、JYJを待つファンたちの心はより一層熱くなっていた。3年ぶりに東京ドームに戻って来たJYJのコンサートで、ファンたちは声が枯れるほど「JYJ!」「ジュンス!」「ユチョン!」「ジェジュン!」と叫んだ。

4日午後5時30分、東京ドームで「2013 JYJ Concert in Tokyo Dome ~The Return of the JYJ~」の公演が幕を開けた。2日から始まった同公演は、3日間のチケットが全て完売し、計15万人の観客を動員した。4日の最終日にも5万人の客席が埋め尽くされ、ファンは一時も目を離すまいと、JYJのステージを楽しんだ。


JYJはオープニングステージとして2011年にリリースした初の韓国語アルバム「In Heaven」の「Mission」を歌った。全56人のダンサーと共に壮大なステージを作り、公演の幕を開けた。その後「Ayy Girl」「Be The One」「In Heaven」「少年の手紙」「Get Out」などを熱唱した。

コンサートの後半、JYJはそれぞれトロッコに乗り、ファンにサインボールを配りながら「You're」とドラマ「トキメキ☆成均館スキャンダル」のOST(劇中歌)「見つけた」を歌い、歓声を浴びた。また、JYJが日本で活動していた当時に歌った徳永英明の「レイニーブルー」を歌い、3年前の思い出をファンと共有した。最後の曲には、再びスタートするという思いを込めた「落ち葉」を歌った。アンコール曲としては「Be My Girl」と「Empty」の2曲を披露した。

1304052.jpg
(C)C-JeSエンターテインメント


「僕たち3人、これからも絶対に一緒にいるよ」
JYJのメンバーたちのソロステージも続いた。ジュンスは「Breath」を歌いながらダンサーたちと一緒にパワフルなステッキダンスを披露し、その後「Lullaby」「Uncommitted」などを熱唱した。「Taratallegra」を歌う際には、ダンサーと共にパワフルなパフォーマンスを完璧にこなし、ギタリストと共に絢香の「みんな空の下」を歌うときは、美しい旋律で正反対の魅力を見せつけ、更に大きな拍手を浴びた。

ジェジュンは「Only Love」を熱唱した後、5mのリフトに乗って遠くにある観客と目線を合わせながら「One Kiss」を歌った。また中島美嘉の「GLAMOROUS SKY」を熱唱し、ファンの心を揺さぶった。「All Alone」や「Mine」など、ソロステージでも爆発的な歌唱力を披露した。

ユチョンは安全地帯の「Friend」、キム・ドンリュルの「古い歌」などで甘い歌声を披露した。また福山雅治の「最愛」を歌い、今回の東京ドーム公演を控えて発表した新曲「彼女と春を歩く」というブリッドポップジャンルの自作曲もファンに公開した。

1304053.jpg
(C)C-JeSエンターテインメント
公演のエンディングに差し掛かると、メンバーたちは東京ドームをぎっしり埋めたファンに向けて感謝の気持ちを伝えた。ジュンスは「東京ドームでの3日間、とても幸せでした。僕らにとっては貴重な瞬間で、皆様が見せてくださった愛を忘れません」とし、「これからも日本での活動に力を入れ、東京だけでなく、日本全国を訪れ、皆様に直接会いに行きます」と伝えた。

ユチョンは「幸せです。必ずまた戻ります。本当に再会できましたね。僕たち3人は絶対これからも一緒にいます。僕たちの心を信じてください。ありがとうございます」と言って、目を潤ませた。

「困難なこともたくさんありました。でも今は幸せな旅に出た気分です。ユチョンが言いましたよね? 僕たちの間には、二度と『さよなら』や『別れ』という言葉はありません。長く待つことは大丈夫ですが、別れは駄目です。僕はこの4年という時間がとても大変でした。皆様も大変でしたよね? 僕にも皆様に会いに行かなければという責任感があるんです。その責任感があまりにも重く感じられます。

僕たちの心とは裏腹に過ぎて行く時間がとても怖いです。最初の1年は大丈夫だったのに、時間ばかりが流れ、もう3年になりました。ついに皆様にお会いできましたね。今、この気持ちを言葉では表現できません。今ステージに立っている僕たち3人はまだ若いですが、これからどうなるか分からない3人です。その不透明な未来を信じてくださる皆様がいる限り、皆様を信じて頑張ります。これからも応援してください」(ジェジュン)


1304054.jpg
(C)C-JeSエンターテインメント
ジュンス、ユチョン、ジェジュンが最後の挨拶をすると、多くのファンたちが涙を流しながら彼らの話に耳を傾けた。JYJが3日間の東京ドーム公演を終える名残惜しさに声を詰まらせ、言葉を繋げずに目頭を熱くすると、ファンは「泣かないで」を連呼し、JYJを応援した。

アンコール曲の2曲を含め、全部で26曲を歌ったJYJ。彼らはJYJで、そしてジュンス、ユチョン、ジェジュンのソロとして、日本のファンに馴染みのある日本の歌まで歌い、長く準備してきた東京ドーム公演の幕を華やかに閉じた。

東京ドームをぎっしり埋めた5万人の観客は、2時間30分の間、JYJの赤いペンライトを手にし、立ったままコンサートを観覧した。ファンたちは時には息を殺し、時には歓声を上げながらJYJの公演を見守った。

JYJは2日から4日までの3日間、東京ドームで「2013 JYJ Concert in Tokyo Dome ~The Return of the JYJ~」を開催した。3日間の公演の全席が完売となり、15万人のファンを動員した。コンサートのチケットを買えなかったファンのために、4日には日本全国にある映画館を通じてコンサートを生中継した。

1304034.jpg
(C)C-JeSエンターテインメント
元記事配信日時 : 2013年04月05日07時43分 記者 : チョ・ギョンイ


平日やったし、倍率すごいから厳しかったやろうけど、中継もいいけど、これは生の会場にいたいね~~
この内容見ただけでも泣ける~~

会場にいたら絶対泣くわ~~(T_T)




JYJ“東京ドームコンサートの夢”を2度も叶えた…これからの夢は?
OhmyStar |2013年04月05日11時54分

1304055.jpg
写真=C-JeSエンターテインメント


3年ぶりの東京ドームコンサート「僕たちを最後まで信じてくださったファンの皆さんに感謝します」
アイドルグループJYJが、2010年6月の東京ドームコンサート以来3年ぶりに、再び東京ドームで日本のファンと出会った。歌手たちの夢のステージと言われる東京ドームで、2度目のコンサートを開催するJYJは、「これからもJYJとして長く活動したい」という目標を伝えた。

4日午後4時、東京ドームで「2013 JYJ Concert in Tokyo Dome ~The Return of the JYJ~」と関連し、韓国の取材陣と記者会見が行われ、JYJメンバーのジェジュン、ユチョン、ジュンスが出席した。

JYJのメンバーたちは、3年ぶりに東京ドームのステージに立つことに対する感想や、東方神起としてデビューし、今年で10周年を迎える感想を打ち明けた。また、日本で3年間ほとんど活動がなかったにもかかわらず、JYJを待ってくれた日本のファンに、感謝の言葉や今後の日本での活動に関する計画についても語った。

―3年ぶりの東京ドームコンサートだ。感想は?

ジュンス:2010年以来、3年ぶりに東京ドームのステージに立つことになった。3年前に立ったときも特別な意味を持つステージだったが、3年ぶりに立つステージもそれ以上に意味深い時間だと思う。予想以上に再び立つまで長い時間がかかったと思う。それだけに今日の最後のステージは、後悔しないように終わらせられるよう頑張りたい。

ジェジュン:本当に特別な気持ちになる。3回連続公演だ。久しぶりのコンサートなので、3日連続で客席が埋まるのだろうかとかなり心配した。だが、長い空白期間を思わせないほどたくさんの観客で客席が埋め尽くされた。「僕たちを最後まで信じて信頼してくださった」ということに気づいた。2日間コンサートをしたが、ただ時間が経っただけでたくさんの方々が僕たちに送ってくださる声援や情熱はまったく変わっていない。最終日もベストを尽くす。

ユチョン:3年前に東京ドームでコンサートをして、この場所でコンサートが終わってからスタッフたちと一緒に集まっていた時、すごく泣いた覚えがある。あの時コンサートを終えた時は、また東京ドームに立つまでこんなに時間がかかるとは思わなかった。このように再び東京ドームのステージに立つことになって幸せだ。3年という時間を無駄には過ごさなかったと感じた。これまで一生懸命に走り続けてきたこともあって、待っている時間の中でさらに嬉しいという気持ちがファンと共有されたようだ。喜んでいただけて本当によかった。

―これまで日本のテレビや新聞などにほとんど登場しなかった。今回の東京ドームコンサートには、活動再開の意味がある。

ジュンス:3年前の東京ドームコンサートは、日本で活動をスタートする意味のあるステージだったが、それが日本での最後の舞台になるとは思わなかった。韓国で熱心に頑張ったが、日本が“第2の国”と言えるほど日本で半分くらい活動したため、日本という国は僕たちにとってもう一つの故郷だった。ファンも情熱的で、むしろ韓国よりもたくさんの楽曲をリリースしたのに、そういうところで「コンサートであれ、テレビ出演であれ、なにもできない」という現実がとてももどかしかった。

だが実際には、韓国だけでなく日本での活動も不可能になったことが、僕らをより成熟した人間にさせるきっかけになった。それから些細なことにも感謝することになった。以前はテレビに出演することが当たり前だったが、今はラジオで音声が一つ流れるだけでもありがたいことだということに気づいた。今回のコンサートが日本でスタートの意味になればと思う。


JYJが東京ドームに立つのは、2010年6月以来3年ぶりだ。今回のコンサートは、JYJが1月に日本のエージェンシー、エイベックスとの長い訴訟の末に勝訴し、日本での活動を再開することで、その意味は大きい。

―3年前の東京ドームコンサートと比べ、変わったところは?

ジェジュン:変わったとこころは、3年間日本でアルバムを出せなかったので、以前は日本でコンサートする時は日本語で歌ったが、今は全曲が日本語ではない。このコンサート会場を訪れたファンが聞かれた時、ご存知の曲よりは新しい楽曲が多いと思う。時間が経ってファンの皆さんに家族ができたり、結婚されたりすることが変わったところだと思う。

3年という時間は長いと言えば長いし、短いと言えば短いが……確信できない未来を信じてくださり、待ってくださるということは、家族にも、友達にも与えられない信頼だと思う。僕たちの、何とも確信できない未来に遠くから声援を送ってくださり、待ってくださったことにとても感謝する。

―これから日本での活動計画は?

ユチョン:今回の東京ドームコンサートが再び日本でスタートできるきっかけになればと思う。色々な法律上の問題を解決したとしても難点がないわけではない。これからもっとひどくなるとも思う。だが、これから止まらずずっと頑張るので次々と壁が登場しても当たり前だと思って乗り越えていきたい。日本での活動がうまくいってほしい。些細なことでも与えられることには感謝しながらやっていく考えだ。

―今回の東京ドームコンサートの選曲はどのように行われたのか。JYJの楽曲以外にも他のミュージシャンの曲もある。

ジェジュン:日本語の曲を歌うのは久しぶりで、日本のファンのに日本語の楽曲を歌いたかった。また、ジュンスと僕はソロアルバムを出してソロステージをお見せすることができたが、ユチョンはソロアルバムがなかったので、新曲をお見せするステージもあり、それぞれ好きな音楽を選んで披露するステージもある。

―絢香の「みんな空の下」を選んだ理由は?

ジュンス:「日本の楽曲を一つずつ選んで歌おう」と思った時、この曲を一番先に思い出した。最初に聞いたとき、とても慰められた楽曲だった。3年間会えなかったファンの皆さんにお伝えしたい僕らの思いが込められていると思い、今回の東京ドームコンサートでこの曲を歌わなきゃと思った。

―JYJの2013年の計画は?

ジュンス:今年の半ばまで続く僕らの活動は、おそらくJYJのアルバムがほとんどを占めると思う。昨年に続き、今この瞬間までずっと議論している。

―今年は、東方神起としてデビューしてから10周年になる。感想は?

ジュンス:10年前、僕は高校2年生だった。その時、ブリトニー・スピアーズのステージで人々の前に登場した記憶がある。いつの間にか28歳になり、10周年になったが、本当に10周年になったことが信じられない。10年の間いろいろなことがあったと思う。笑うこともたくさんあったし、つらいこともたくさんあったが、その間歌手としても、個人的にも、色々な国に行ってみて、様々な文化を知るようになった。10周年になったから20周年に向かって走っていきたい。

―徳永英明 「レイニーブルー」は、東方神起の5人が一緒に歌った楽曲だ。5人ではなく、JYJとして3人になった時は歌わなかったこの曲を今回歌った理由は?

ジェジュン:5人が歌ったこともあったし、3人だけで歌ったこともあった。「5人が歌った時の楽曲は、3人では歌わない」と言ったことも事実だ。この曲を選曲した理由は、僕たち3人で立つ3年ぶりの東京ドームコンサートで、「そのときの記憶と思い出を振り返ってみよう」という意味で選んだ。過去の回想に対するテーマだ。僕たちに大事な記憶が込められた楽曲なので選曲し、披露することになった。

―歌手にデビューするときの夢が東京ドームコンサートだった。2度もこの夢を叶えた。これからの夢は?

ユチョン:これまでよりたくさんのことを希望するわけではなく、時間がかかってもこの仕事をできるだけ長くやっていきたい気持ちがある。僕たちが本当に完全に潰れさえせず、ひたすら頑張れば、年をとっても仕事を続けられると思う。やりたいことは多いけれど、制約があるからできない部分に対しては残念な気持ちもあるが、与えられたことに感謝しながらやっていきたい。大事な人々とJYJとして長く活動することが目標だ。

―JYJとして活動してから4年も経った。振り返ってみた時、一番大変だったことと一番幸せだったことは?

ジュンス:大変だったことより幸せなことにもっと感謝しなきゃと気持ちを変えた。不幸だとは思わない。僕たちJYJが色々な番組に出演できずにいるということは、4年前も今も、ずっと厳しい。それが一日も早く改善されればと思う。いつになるかは分からないが、くじけずできるだけ頑張って行きたい。

ジェジュン:日本の東京ドームでJYJが再びコンサートを開催するという情報が出たため、日本でたくさんのファンが待ってくださっていることが分かった。これまで「かなり忘れられているのだろう」と思ったけれど、再びたくさんの方々と出会い、ファンの皆さんの信頼を確認できるようにしてくれたこと。本当に事務所の皆さんや代表に感謝している。

JYJは2日から4日までの3日間、東京ドームで「2013 JYJ Concert in Tokyo Dome ~The Return of the JYJ~」を開催した。3日間のコンサートは全席が完売し、15万人のファンを動員した。コンサートのチケットを手に入れられなかったファンのため、4日には、日本全国の映画館でコンサートが生中継された。
元記事配信日時 : 2013年04月05日07時37分 記者 : チョ・ギョンイ





538049_558732110838244_2013023542_n.jpg
8d5494eef01f3a29d04178e39825bc315c607c16.jpg

エイネ★in大阪

東方神起
08 /21 2010
今日の大阪はめちゃくちゃ暑い(;´д`)

2時頃から始まって倖田來未が1番だったらしい

ガルネクも早めに終わったらしい

2時半頃着いて友達を探して合流し、しゃべってたらもう始まってるって~
3時半頃に会場に入り、JYJ(JJY)は6時半頃登場

「いつだって君に」
2曲目がジュンスのソロ
ダンスが激しくて衣装の袖が破れてた

(↑そんな服やったらしい
3曲目が「COLORS」
4曲目が「Get Ready」
「準備」って盛り上がる曲

5曲目が「Long Way」
最後は「W」

終わったら7時5分くらい。
今まで出て来た人達の中で1番盛り上がってた

去年は5人で歌ったけど、暗かった

今年は3人

3人とも汗だく
Wの時JJ泣いてなかったかな?
ちょっと詰まった
汗か涙かわからない「(゚ペ)

ユチョンのおでこのピカリも可愛い顔も見れて、歌も聞けて良かった~

Wではうるうる(ノ_・。)
アカン~

明日も頑張って~

今TRF中
残りのライブ楽しみます

JYJ★大阪・京セラドーム2日目レポ^^

東方神起
06 /08 2010
昨日は帰ってからもハイテンションで興奮してなかなか眠れ無かった。。

とにかく良かったです。。

朝から夕食のカレーの準備をして、なぜかトンのオフ会に参加~~笑

それがまた遠いところで。。(A;´・ω・)アセアセ
なぜその店かというと店にJJソックリさんが働いてるから~~

前からチングが「めちゃ似てる」っていうので1度会いたくて~~^^

トンペンって言っても、元彼ジソっていう人がめちゃ多い

だからジソの話もちょっとは出来る~~

前日、初日の様子を聞いて。。
もうアチコチにアップされてるから、知ってるかもだけど、話し聞くだけで泣けてくる~~(。>0<。)ビェェン

それは泣くわ。。。

11時半に集合して、ペラペラ喋って、食べて、頼んでたペンライトももらったら「もう行こか」って。。
「早っ」まだ12時過ぎたとこやん

始まるの4時やのに早いやんってことで12時半まで居た。
たいして変わらないけど。。笑

その後、順番に行って、JJとPHOTOタイム。
みんなで店の前で集合写真。。

個人的にツーショット撮ってる人、若干いましたけど~~
フォーリンラブしてはるから~~

地下鉄に乗って京セラドームに着いたらもう凄い人

みんな早い~~@@

とりあえず荷物置いて場所の確保。
前日、来てなかった人と一緒にグッズコーナーへ~~

それが長蛇の列。
またこの日も暑かった
延々歩かされ、やっと着いたら欲しいのがほとんど売り切れ~~

チングが買っとくよって行ってくれてたけど、実物見ないと失敗するから・・・
(GHOSTのエコバッグ、見ずに頼んで失敗した経験アリ

ペンライトはあるから記念にバッグだけ買いました。

mu-moでイベント後に買えるみたいだけど、イベントのときに持たないとね~~

グッズはなるべく初日。
早めの購入をオススメします。。

なんだかんだであっという間に開演時間。

その前にもう一度に行こうと思って並んでたけど、全然前に進まない><
10分以上は待ったけど、これは間に合わないと判断。
途中で抜けて座席に行った。

トイレはドーム内はとんでもないほど混んでる。
先に外でしとくほうが


座席に着くと他の人が座ってて。。
スタッフに聞いてもらったら、間違って座ってはったみたい。。

席はこれがまた遠い。・゚゚・(>д<;)・゚゚・。 ヒィッ
スタンドの上段。

アリーナの真ん中にステージがあって、四方に花道が延びている。
花道の横の席のアリーナとスタンドの下段。特に花道の先に近い席はめちゃいい

「いいな~~あの席」と指をくわえて見てました。。

一緒に見てたのは元ジソペンTちゃん。。
Tちゃんはジュンチャンペン。

私はみんな好きだけど、強いていえばゆちょ

今回は涙はなし
出てきたときJJがちょっと緊張してるかなって思ったけど、すぐ直りました。

前日、泣いてしまったことを詫びてました。。
今日は笑顔でって。。。

MCも面白かったし、歌も良かった~~♪
俳優をやるのもいいけど、やっぱり歌手をやってる彼らが1番良い。。
輝いてる

私とTちゃんは叫んで、ペンライトをフリフリしたりして見てました。。

MCもアドリブっぽかったけど、前日と同じだったようです。。

ゆちょが「今日はどうしたの?昨日と違う」
「ハイテンションだね」って言われてた。。

初日と違うのはサングラスをかけてて、取るのをやってました。
JJが考えたそうです。

ジュンちゃんの滝汗が凄い
ジソもたいがい汗かきだけど、ジュンちゃんもすごかった~~


一時期すごく暗い表情で辛そうな時期もあったから、3人のニコニコ笑顔が見れて、それだけで満足です。

最後の「W」っていう歌がホミンに対する内容の歌で歌詞が大画面に映るけど、泣ける。・゚゚・(>д<;)・゚゚・。 ヒィッ

3時間のいいイベントでした。。

ほんとならもっとダンス曲もして欲しかったし、もっといえばホミンもいて、5人が揃えば最高!

半年前は予想もしなかった事体。。

ちょっと先になるかもだけど、いつかきっと5人でまた歌える日が来ると信じてます。。

名前は変わっても5人のステージが見れたらそれでいい



イベントが終わって外でみんなが揃うまで1時間弱ほど待ってたけど、チングたちと会の場所を探しに先に行くことに・・


ところが途中にばったもんの露店が~~笑

チングが見たいっていうので人垣をくぐってあちこちの店を見て~~

前日のイベントの写真とかも売ってて。。
これがめちゃいいのよ~~

8枚千円のほうはすでに完売><
5枚千円のゆちょのおでこ全開のレアな写真のあるのも売り切れ><

笑顔のゆちょ5枚セットお買い上げ~~チーン

ほんまにボロイ商売するわ~~

そんなことしてる間に東京の深夜バスに乗らないといけないチングは時間がないということで、そこでバイバイ

会に参加できずに残念(((((*ノДノ)えーん


後から来たチングたちは先に場所探しに行ったはずの私らがいないので探してた。。

先発隊はグッズ買いに忙しく、後発隊のほうが早かった

駅の近所をうろうろして何とかお店も見つけて、乾杯~~

大いに笑って喋って楽しい1日でした。。

また行きた~~い

やっぱりライブは最高!
生に勝るものはありません

お世話になったチングたち、ヽ(。・ω・)ノ゛☆ありが㌧☆ ヾ(・ω・。)ノ
また会おうね~~


あっ、そういえば思い出した。。

何人かに言われた。。
「chikiちゃん、ジソペンやめたらしいね~~」って~~

誰ですか~~そんなん言うてるのん。。爆

「私はジソペンですから~~」

声を大にして言うとく~~

ジソペン辞めたら、ジソの記事アップしなくなるから~~^^

まだまだケンチャナですから~~







chiki

蘇志燮、B'z、X JAPAN、BIGBANGが好きです♪ヨガや楽しいこと大好き♡