FC2ブログ

「ロードナンバーワン」撮影スチール写真公開^^

ロードナンバーワン
02 /17 2010
キタ━━━ヽ(ヽ(゚ヽ(゚∀ヽ(゚∀゚ヽ(゚∀゚)ノ゚∀゚)ノ∀゚)ノ゚)ノ)ノ━━━!!!!

「ロードナンバーワン」のジソ~~~ジャンウ~~~

「51K」のTOP写真では後ろ姿だったけど、やっと前からのショットが見れた~~
前に霧の中みたいななんとなくジソかなっていう写真はあったけど・・・

ちょっと痩せたかな?




"厳しい寒さが最も大変で"…'ロードナンバーワン' 3人衆が明らかにした撮影場

r0217-4.jpg


MBC-TV 'ロード ナンバーワン'の主役3人衆,ソ・ジソプ・キム・ハヌル・ユン・ゲサンがドラマ撮影に臨んだ所感を初めて明らかにした。

6.25戦争60周年を記念して,企画された'ロード ナンバーワン'に対する出演陣らの期待感は大きかった。
特にキャラクターとストーリーに対する自負心がすごかった。

ソ・ジソプは"あまりにも台本がおもしろかった"と話したしキム・ハヌルやはり"台本を見て心が詰まって感じでよく聞こえなかった"と話すほどであった。


反面厳しい寒さは困難中一つであった。
戦争ドラマだ見るので山の中で戦う場面も多いことが問題であった。
鋭い風と吹雪に勝ちながら,撮影するのが出演陣らに最も大変な点に選ばれた。

r0217-2.jpg

◆ソ・ジソプ"再びこういう作品できないようだ"

ソ・ジソプはドラマとキャラクターに対する愛情を惜しまなかった。
劇中彼が引き受けた役割は朝鮮戦争を通して,戦友に対する友情と運命的なサランの間で悩む人物だ。
他のキャラクターに比べて,人間味が強調されて,ドラマで光を放つことと期待を集めている。
彼は現場の雰囲気を最高で打った。
ソ・ジソプは"こういう作品はまたしにくいという考えが多くかかる。
あまりにも台本がおもしろくて実力あるスタッフと一緒に作業して,個人的にうれしい"として"いつも楽しい気持ちで撮影していて良いドラマを作るために本当にがんばっている"と伝えた。
もちろん大変な点もあった。
ソ・ジソプを困らせるのは他でもない寒さ.
彼は"厳しい寒さを耐えながら,撮影するのが大変だ"として"戦争場面を撮って見たら山の中で撮影する時が多いが演技する時,俳優ら口が凍って,発音にならない状況"と困難を打ち明けた。


r0217-1.jpg

◆キム・ハヌル"初めての時代劇ときめく"

キム・ハヌルはドラマの見どころ自慢(誇り)をならべた。
戦争シーンからメローシーンを行き来する多様な場面と感動とおもしろいドラマチックな要素は'ロード ナンバーワン'の自慢の種という説明だ。
彼は初めての時代劇挑戦に意味があった。
キム・ハヌルは"うちのおばあちゃんとおじいさん世代らが実際に体験したことであるから彼らの人生を演技するということ自体があまりにも大きい光栄で感動"としながら"初めての時代劇に挑戦するのも期待されてときめく"と話した。
繊細な感情演技は大変だった点中一つであった。
キム・ハヌルは"愁然という人物が感情幅が大きいキャラクターとたくさん緊張する"として"体力的にも大変だがそれよりは愁然の大きい感情幅を演技する時息がつまるように大変だ"と伝えた。

r0217-3.jpg

◆ユン・ゲサン"大作に出演してうれしくて"

ユン・ゲサンはイメージ変身を期待している。
'ロード ナンバーワン'でユン・ゲサンが引き受けたキャラクターは国軍士官学校出身のエリート.
独立軍出身のご両親下で成長して,愛国心が透徹した人物だ。
普段明るいイメージの代わりに素晴らしい姿を期待するべき程である。
現在ユン・ゲサンは大作ドラマというものにポイントをおいた状態だ。
彼は"このようにスケールが大きい大作ドラマに出演するようになり光栄"としながら"期待作であるだけに見どころも多くておもしろいドラマになるようだ。
俳優として良い機会と考えてがんばるべきだとの考えで撮影している"と明らかにした。
ソ・ジソプと同じようにユン・ゲサンやはり寒さは大変だった点中一つであった。
彼は"登山や寒さを耐えるのが少し大変だ"ながらも"むしろ現場感を伝達できるから視聴者らが小鉢にはより良いようだ"と話した。
-大韓民国スポーツ演芸ニュースの中心スポーツソウルドットコム





ソ・ジソプ"'ロードナンバーワン',またない作品"

こういう作品は二度と出来ないようだ"

俳優ソ・ジソプが来る6月放送予定のMBC新しいドラマ'ロード ナンバー ワン'に臨む所感にこのように伝えた。
'ロード ナンバー ワン'は激動の朝鮮戦争を表わして熱い関心を受けているヒューマンドラマでソ・ジソプと共にキム・ハヌル,ユン・ゲサンが主人公でキャスティングされた。

ソ・ジソプは"あまりにも台本がおもしろかったし実力ある製作スタッフと作業するようになって,個人的にとてもうれしい"と所感を明らかにした。
引き続き"現場の雰囲気はとても良いが戦争場面だと見るから山の中撮影が多くて,厳しい寒さを耐える俳優とスタッフ皆大変だ。
演技する時,俳優らが口が凍って,発音にならない状況だ"と冗談を言った。
また彼は"事前製作ドラマとスケジュールが窮屈で,からだは大変だが他のものは皆みな良い。
こういう作品はまたしにくいという考えが多くかかる"と伝えた。

合わせてソ・ジソプは"いつも楽しい気持ちで撮影している。
良いドラマを作るためにがんばっている。
風邪気を付けて,期待よくして下さるように願う"とファンらに対する挨拶も忘れなかった。


ソ・ジソプは劇中韓国戦争を背景ですさまじく愛して,戦争を全身で耐え抜くチァンウ役を担った。
チァンウは戦闘を行いながら,戦友に対する友情と運命的なサランの間で苦悩する人間的なキャラクターだ。
一方来る6月初めての放送予定の16部作'ロード ナンバー ワン'は韓国戦争60周年をむかえて,企画された作品で130億の製作費が投入されたブロックバスタードラマだ。
アジア経済


台本がすごくいいらしく、こういう作品は2度とないというほど。。。
3人とも面白い作品だと絶賛してるし、ますます楽しみになってきた~~

演技派の俳優さんたちとの共演も

やっぱり寒さはハンパない寒さのようで。。。
そりゃあマイナス1○度~20度って寒さ。。。
なかなか体験できない。。
口がまわらないのも無理も無い。。

おまけに山中での戦闘シーン@@
辛い~~。・゚゚・(>д<;)・゚゚・。 ヒィッ



ファンに「風邪を引かないように。。」って・・・
ジソブの方が風邪引きやすい環境なのに

「風邪をひかないで、軍服の下にはカイロいっぱい貼って暖かくして撮影頑張ってください。。
大いに期待してます♪」

ファイティーン

日本語のニュースはコチラ
★イノライフ

★朝鮮日報
スポンサーサイト

chiki

蘇志燮、B'z、X JAPAN、BIGBANGが好きです♪ヨガや楽しいこと大好き♡