FC2ブログ

「善徳女王」見ました^^

ナムギル
04 /28 2010
昨日、やっと見終わった~~「善徳女王」

史劇で62話もあったけど、話の展開の面白さ、出演者の良さetcで一気に見ました^^

先が気になるので、他のドラマ等は見れずHDDに貯まって大変@@

韓国では50%を超える視聴率。。。
分かるような気がする。。

これから見る人、興味の無い人はスルーしてください

みどころ

韓国で視聴率40%以上、独占率約50%を叩き出し続ける、脅威の時代劇が登場!! 舞台は7世紀の新羅時代。朝鮮史上初の女王で、新羅第27代の王・善徳女王が歩む波乱万丈の生涯を、実際の歴史に基づきながら、ドラマチックに描く。
 制作には『宮廷女官 チャングムの誓い』や『朱蒙〔チュモン〕Prince of the Legend』を手掛けたヒットメーカーたちが集結! ヒロインであり、絶対的な権力に立ち向かうトンマン公主(後の善徳女王)には『BAD LOVE~愛に溺れて~』でクォン・サンウの恋人役を演じ、“清楚で可愛らしい”と男女問わず人気を集めたイ・ヨウォン。妖艶な美貌で権力を握り続ける悪女・ミシルを演じるのは、韓国に社会現象を巻き起こした人気ドラマ『砂時計』や、日本で人気を博したドラマ『星の金貨』の韓国リメイク版『春の日』などに出演する人気女優、コ・ヒョンジョン。さらに、トンマン公主を愛す冷静沈着な名将キム・ユシンを、『魔王』で日本の女性たちを虜にしたオム・テウンが演じるなど、歴史超大作の名にふさわしい豪華な顔ぶれが勢ぞろい。
 第1話で既に500人ものエキストラを登場させ、野外セットに約6億円を投じるなど、映画並みのスケールで送る、極上のエンターテインメント!
                            by BS-FUJI


キャスト

トンマン(善徳女王)役:イ・ヨウォン「BAD LOVE」「ファッション70‘S」
ミシル役:コ・ヒョンジョン「春の日」
キム・ユシン役:オム・テウン「復活」「魔王」
チョンミョン役:パク・イェジン「バリでの出来事」
キム・チュンチュ役:ユ・スンホ「悲しき恋歌」「太王四神記」


あらすじ

朝鮮5千年の歴史上、初めて女性で王となった新羅第27代・善徳女王の生涯を描いた物語。 色香と策謀でミシルという美女が宮廷を牛耳っていた7世紀の新羅。ある夜、北斗七星が八つ星となる異変が起こり、新羅王チンピョンに双子の女王が誕生する。 

双子の王族の誕生は男子の皇統が途絶える凶事を呼ぶと恐れられていたため、女王の一人・トンマンは侍女人にかくまわれ宮廷を脱する。 自分の身分を知らず正義感の強い少女に成長したトンマンは、その後運命に導かれるように新羅宮廷に戻り、キム・ユシンら将軍と新羅の軍事集団、ファランド(花朗徒)たちの力をかり、ミシルとの戦いにのぞんでいく。
                                 by KNTV

ミシル役のコ・ヒョンジョンさん。上手い~~~
「HIT」も見たけど、そのときは人気があるってよく知らなかった。。。
韓国の女優さんでもギャラ的に高いほう。。
今は納得できます。。

オム・テウン扮するユシンはめちゃいい人
優しくて頼りがいがあって、信頼のおける人物。。
でも温泉ツアーには行きたいと思えないのよね。。。
この人も「復活」「魔王」etc作品に恵まれてる~~

トンマン、善徳女王役のイ.ヨウォンさん。
今まで女の子女の子したイメージがあったけど、男役まで体当たり演技でした。。
手が綺麗

ピダムことキム・ナムギル。。。
「頑張れ、クムスン」のすぐに亡くなった旦那さん役だったイ・ハン。。
同一人物と思えないくらい野生的、ワイルドでかっこいいナムジャに変身
2重人格なところもあるけど、子どものように感情で動いてしまう。。。
自然体っていうんでしょうか。。。

花郎徒達も若いナムジャたちがたくさん。。

最後まで出てくるだけでイヤだったミシルの息子のハジョン。。
甲高い声で言うことなすこと

周りの人で好きだったのはムンノ、国仙。
落ち着いていて剣捌きが

コレを受け継いだ弟子のピダムの剣さばきも好きだった
縄を使ったり、肩の上を走ったり。。
こんなんあり?@@っていう技もあって、アクションシーンも目が離せない。。

郎徒たちのV腹筋状態で弓を撃ったりもオ~~~って感じ。。

チルスクも残虐なんだけど、剣さばきは

前にも書いたイルジメでジョンギのアボシ役、今回チュクパンのイ・ムンシクさんも好き~~
いつも面白い。。
チュクパンといいコンビのコド。
太っちょで愛嬌がある。。
最後の方はヒゲをはやして別人のように頼もしい感じになってた。。

花郎だったアルチョンもかっこ良かった^^
最後、ヒゲをはやして老人になってもお肌ツルツル~~@@
若いわ~~

ユン・スンホ君も演技が上手い。
出演者の人にも誉められてた~~^^
10代だって忘れるくらいの演技力。。
いつまでも幼いって思ってたのに、いつのまにか大人になってる。。
確かに最初、おっとりして何も分かってなさそうなふりをしてたけど、本当は記憶力が良くて聡明。
これからも楽しみな俳優さん^^

このドラマを見て1番感じたのは「血」のつながり。。
韓国の人は血のつながりを気にするって前に聞いたことがある。。

他人の子は育てたがらないから海外に養子に出したりするもんね。。
ムヒョクのように。。

このドラマでも血は争えないって思えるシーンや血が繋がってるかどうかで王になれるかなれないかが左右されたり。。



そして正直者は救われるじゃないけど、悪はいつか滅びる。
「勧善懲悪」韓国の人は好きですね~~

自分達の私利私欲、勢力争いによってさまざまなことが起こる。。

トンマンへのそれぞれのナムジャの愛。
ミシルの野望、陰謀。

陥れられたり、それを見破ったり、見破れなかったり。。

いろんなことが起こるたびにドキドキハラハラしたり、「こうくるか~~~」と感心させられたり。。
派手な戦闘シーン、乗馬シーン、派手な衣装、映像の綺麗さ。。。

会話の面白さ、切り替えしの上手さ等。。。


とにかく面白かった。。

しばらく長編は見ないと思うけど、史劇も面白い

29_seonduk.jpg




スポンサーサイト



「ロードナンバーワン」ケサン君インタビュー^^

ロードナンバーワン
04 /28 2010
昨日のキム・ハヌルさんに続き、ユン・ゲサン君のインタビュー

『ロードナンバーワン』ユン・ゲサン「キム・ハヌルのキャスティングに安心した」

2010/04/28(Wed) 11:19

MBC『ロードナンバーワン』の{ユン・ゲサン}が、男性らしくカリスマのある姿で演技変身を試みた。

ユン・ゲサンはMBC戦争ドラマ『ロードナンバーワン』で陸士出身のエリート将校テホ役を演じる。軍人として成功し、国を愛したかっために自負心溢れる人生を生きてきたが、スヨン({キム・ハヌル})に出会い、自分の全ての信念を突然疑うようになる役だ。

ユン・ゲサンは「限りなく葛藤する人間的なキャラクターだ。初めて台本をもらった時からすぐにこの作品だと思った」と話した。ユン・ゲサンはまた共演するキム・ハヌル、{ソ・ジソブ}との仲間愛も誇った。

ユン・ゲサンは『7年目恋愛中』という映画に続き、また共演するキム・ハヌルについて「前の映画でもそうだったが、本当に仲良く過ごしている。一緒に演技するのが楽だ。初めキム・ハヌルさんがキャスティングされたという話を聞いて、なぜか安心した。キム・ハヌルさんが演じるスヨンという人物に対する信頼があったからか、キャラクターを掴んでいくのにもすごく助けになったようだ」と話した。

ユン・ゲサンはまた「ソ・ジソブさんは本当に天使みたいな人だ。私が今まで会った人の中で一番良くて純粋で、情熱的な人だと思う。一緒にいたのでソ・ジソブさんがなんでそんなに人気があるのか分かった」と並々ならぬ仲間愛を見せつけた。

『ロードナンバーワン』は100%事前制作ドラマで、130億ウォンの制作費が投入された巨大なスケールが話題になった。ハン・ジフン作家が約3年をかけて完成した台本とイ・ジャンス、キム・ジンミン監督の演出、ソ・ジソブ、キム・ハヌル、ユン・ゲサン、ソン・チャンミン、チェ・ミンスなど華やかなキャスティングで、さらに熱い関心を浴びている。6月中に放送される予定。
                   by イノライフ





ユン・ゲサン,安らかなキム・ハヌル・天使のようなソ・ジソプ

NISI20100428_0002665090_web.jpg

【ソウル=ニュシス】イ・ヒョンジュ記者= “その間私のイメージは明るくて軽快な感じらだった。
あるイメージで長続きすれば食傷ぎみにならざるをえないのに男性らしくてカリスマある,その一方で人間的なテホという人物に会って幸いだ。”

MBC TVドラマ‘ロード ナンバーワン’に出演するタレント ユン・ゲサン(32)は自身が演技する‘テホ’が“人間的な人物”と強調した。
“チァンウ(ソ・ジソプ)はサランに対する確かさを持っていてスヨン(キム・ハヌル)やはり違わないけれどテホは大変ならばその大変さが,葛藤する心がそのままあらわれる人”というものだ。

ユン・ゲサンが考える‘ロード ナンバーワン’の最も大きい主題は戦争も,派手なアクションシーンでもない人々だ。
“派手なアクションや戦争場面は興味ある見どころであることがあるがストーリーの核心は直ちにその時期を生きてきた人々で彼らがお互いを愛してきた方式”という解釈だ。

“ロードナンバーワンは生活が戦争でメローさえも戦争のような構図を持っている。
この前屋だというのが残忍で胸幅とそんなことなく時代的な状況とかみ合わさって,互角に進行されるのだ。”

ユン・ゲサンも戦争と距離が遠くはない。
実家が北側に住んで,戦争の時避難をきた。
だが“私が直接戦争を経験した世代ではないのでそうなのか戦争に対して実感できなくて生きてきた”という感じだ。
映画‘ライオン一等兵を救うこと’,‘バンド オブ ブラザーズ’等の大作を調べたが別に特別にドラマのための研究はしなかった。

脚本に充実してテホという人物を分析するのに集中した。
“たくさん見たためか撮影入る前に台本を皆覚えた”として“おかげさまで撮影場では台本を見なくてセリフ一つは確かに記憶している”として笑った。
軍生活をしたためか敬礼,制式訓練や銃を扱う動作らがかなり習熟する。
ユン・ゲサンは21師団捜索隊で服務した。
“私が勤めた所が最前方なので捜索病や尖兵のような単語らも不慣れではない”とする。

自身とテホは自尊心が強いのと負けたくない点が似た。
だがテホがとても執着が強いという気がする。
“仕方ない状況でテホの心も理解が出来ないものは違うが私ならばあのようにまでしないようだ”という判断だ。
“スヨンに対するテホの心がある程度の深くなのか気になったし,それでさらにテホという人物を演技してみたかったのかも知らない。”
過去仕事をしてサランがより良いという発言に対しては“今はサランぐらいことも大切だ”と翻意した。
“すべてのことには時があってどんなものにさらに優先順位をおくべきか決める瞬間らがますます多くなるようだ。”

キム・ハヌル(32)とは二番目呼吸だ。
“そのまま良いだけしたのでなく演技するのが気楽だ。
初めてキム・ハヌルがキャスティングされたという話を聞いてなぜか安心になった。”

ソ・ジソプ(33)を置いては“天使のような人”と評した。
“今まで会ってきた人の中最も優しくて純粋で,熱情的な人”としながら“一緒にいて見たらソ・ジソプがなぜそのように人気があってから分かる”と伝えた。


“ロードナンバーワンは単純に面白味のための一回だけドラマではない。
雨矢時代の足跡が入れられた話と私たちの家族の話だ。
6・25戦争も60年になったし多くの人々の記憶の中に少しずつ不明瞭になっているのにその時代を生きた人々の心,考えらがそのままよく伝えられたら良い。”
6月23日初めての放送される‘ロード ナンバーワン’は6・25を体験するソ・ジソプ,キム・ハヌル,ユン・ゲサンの切ないサランと熱い友情を入れる。
130億ウォン規模の製作費が投入されたし‘天国の階段’のイ・ジャンスPD,‘犬とオオカミの時間’の金ジンミンPDと劇作家ハン・ジフン氏が一緒にする。
lovelypsyche@newsis.com



ケサン君がジソのことを「天使みたいな人」だって~~~

仲良く撮影してるんやろうね~~

ケサン君は執着する役
あんまりしつこいのは嫌われる
普段とは違うみたい。。。





上半期人気芸能人で「タレント・俳優部門」で男性部門でイ・ビョンホンさんと並び5位~~

*♥*:;;;;;:*♥q(≧▽≦*)(*≧▽≦)p。・:*:・゚★,。・:*:・゚オメデトー♪


チャン・ドンゴン・2PM・ソジ・ユ・ジェソク'上半期人気芸能人'

◆タレント・俳優部門-チャン・ドンゴン・キム・ヘス

タレント・俳優部門ではチャン・ドンゴンとキム・ヘスが各々19.9%と10.6%で男女1位に上がった。

男タレント・俳優部門ではチャン・ドンゴンに続きカン・ドンウォン(12.6%),チャン・ヒョク(9.9%),チョ・インソン(7.5%),イ・ビョンホン・ソ・ジソプ(6.5%),オ・ジホ(4.7%),ソン・ガンホ(4.3%),ソン・スンホン(4.1%),アン・ソンギ(3.8%)順だった。

女タレント・俳優部門ではキム・ヘスに続きソン・ヘギョ(9.7%),キム・テヒ(8.9%),ムン・グニョン( 8.3%),荒政音(7.3%),ソン・イェジン(5.6%),コ・ヒョンジョン(5.5%),チョン・ジヒョン(5.3%),シン・セギョン(4.9%),ハン・イェスル(4.9%)順だった。



今日はハングルの선생님 のお別れ会。。
☆ミ(o*・ω・)ノイッテキマ-ス!!




chiki

蘇志燮、B'z、X JAPAN、BIGBANGが好きです♪ヨガや楽しいこと大好き♡