FC2ブログ

「ロードナンバーワン」関連ニュース2^^

ロードナンバーワン
05 /13 2010
「ロードナンバーワン」関連ニュース。。

これでラスト^^


ソ・ジソプ“戦争ドラマと‘獣男’期待すれば失望”

ソ・ジソプが来月放送されるMBC戦争ドラマ'ロード ナンバー ワン'のリアリティーのために筋肉を除去している。
時代的背景が1950年代であるだけに細長くて素早いからだを作っているのだ。

ソ・ジソプは12日忠北(チュンブク)ボウンの野外セット場で持った記者懇談会で
"監督様の要請があって,わざわざ筋肉量を減らしたし現在3kg程度減量した。
戦争ドラマと'獣男'の姿を期待する方があるはずなのに失望されるかも知れない"として恥ずかしいといった。


高校時代水泳と保守選手出身のソ・ジソプは芸能界で上半身が最もよく発達した演技者で有名だ。
ソ・ジソプのある知人は"撮影場で腕を曲げて開くことでもしながらからだを管理したが今度は違う"と耳打ちした。
筋肉が収縮するルーゲリック病患者を演技したキム・ミョンミンが映画'私の愛私の傍に'を撮影しながら,20kgを減量して'ペパーミント・キャンディ'で疲弊した人間を表現するためにソル・ギョングが16kgを減量した事例があったがドラマのために俳優が素敵な体つきをあきらめた事例は多くない。

'ロード ナンバー ワン'のイ・ジャンスPDは"朝鮮戦争はランボーでない平凡な人々に近づいた戦争だ。
1950年代に筋肉質体つきは話にならない説だ。
ソ・ジソプ・ユン・ゲサンなどに絶対からだを肥らせるなと頼んだ。


'チュノ'のように男性らの上半身脱衣もあまりない。


戦場で軍服はからだを保護して敵から隠す機能をする。
休む時でも寝る時でもむやみに脱げない"と説明した。
'ロード ナンバー ワン'は6・25戦争で交錯した三人の男女の友情とサランを扱うドラマだ。
100%事前製作であり,6月13日撮影を終えて23日初めての放送される。
恩返し=シム・スミ記者[sumi@joongang.co.kr]

戦時中にモムチャンはたしかにおかしい。。
ジソもケサン君もモムチャンがトレードマークでもあるのに。。。

戦場で裸にはならへんし。。

製作発表会の写真でも、ズボンの上から見てもおしりのあたりがゴソゴソでめちゃ痩せてる様子がわかった。。

筋肉を落として、激しいきつい撮影を頑張ってるんやね~~






イ・ジャンスPD "ソ・ジソプでなければ'ロードナンバーワン'なかった"

htm_201005131120370107000001070100-001.jpg


MBC新しい水木ドラマ'ロードナンバーワン'記者懇談会

12日午後忠北(チュンブク),報恩郡(ポウングン),馬老面(マロミョン),ウォンジョン里で開かれた'ロード ナンバー ワン'撮影公開および記者懇談会で金ジンミンPD(左側から),俳優ユン・ゲサン,キム・ハヌル,ソ・ジソプ,イ・ジャンスPDがファイティングを叫んでいる。

[アジアトゥデイ=ウ・ナムィ記者]MBC新しい水木ドラマ'ロード ナンバー ワン'のイ・ジャンスPDが俳優ソ・ジソプに対する信頼を表わした。
このPDはドラマ'天国の階段' '星を撃つ' '美しき日々'などを通して,クォン・サンウ,チョ・インソン,イ・ビョンホンなど男俳優らをスターダムに上がるようにした演出者だ。

彼が来月23日初めて放送される'ロード ナンバー ワン'の主人公でソ・ジソプを選んだ。

このPDは12日午後忠北(チュンブク),報恩郡(ポウングン),馬老面(マロミョン),ウォンジョン里で開かれた'ロード ナンバー ワン'撮影公開および記者懇談会で

"3年前に金ジンミンPDと話を交わしたのに'ソ・ジソプがキャスティングだめならばドラマをするのをやめよう'とした"として"今回のドラマではソ・ジソプの変化した目つき演技を十分に満喫できること"と話した。

引き続き"ソ・ジソプは映画をしたかったんだ。
ところで'ロード ナンバー ワン'シナリオを見て一気に承諾をした。
ソ・ジソプ他にもしたがる俳優がとても多かった"として冗談を言った。


またこのPDは'ロード ナンバー ワン'の二人の男俳優ソ・ジソプ,ユン・ゲサンに対して"牛のような俳優だ"として賞賛を惜しまなかった。

"率直に私が習えと言うならこの作品をしないようだ。
倒れるように願ったのに倒れないでびりっとひそかにがんばったよ。
撮影場にも一番最初にきて,こういう立派な俳優がいるというのが驚くべきだった"と話した。


'ロード ナンバー ワン'製作スタッフは最高の名作ドラマを作るために撮影前台本頑固,放映前100%辞典製作を実施して,完成度を高める予定.
撮影は来月13日に終わりながら,23日初めて放送される。

このPDは作品に対する自信も表わした。
彼の予想視聴率は50%以上だ。
このPDは"初めから最後まで模範的な事例を作ってみようとありったけの力を込めている。


'ロード ナンバー ワン'は特に事前製作が必要な作品だった。
俳優らが台本を皆知って撮影を始めて,演技的な部分,また演出的な面で完成度高い作品が出てくることと自信を持つ"と話した。
事前製作は視聴者らの反応を反映できないという短所がある。
これに対しては"放送は視聴者らが見てやることだが,視聴者らが望むからといって方向を変えるのは正しいことではないと考える"と話した。
引き続き"編集の過程があるからある程度修正は可能だ。
しかし視聴者らと良い関係になって,ドラマが本来意図のとおり行くことを希望する"と付け加えた。
ソ・ジソプ,ユン・ゲサン,キム・ハヌルが出演する'ロード ナンバーワン'は朝鮮戦争を背景にした三人の男女の切ないサランと友情を描く。
{ (c) 'グローバル夕刊総合日刊紙'アジアトゥデイ}
恩返し(忠北(チュンブク))=ウ・ナムィ記者wnh@asiatoday.co.kr



ジソは映画に出たかったようですが、この作品の本を読んでこっちを選んだらしい。。
監督はジソが出てくれなかったらドラマを諦めようというくらいのほれ込みよう。。

相思相愛ですね~~

おまけに監督は予想視聴率は50%を超えるって~~~~
「善徳女王」を超える視聴率~~
すごい自信です^^

これは期待できるかも~~~

★イノライフ4

ケサン君は手榴弾を1番多く受けたって・・
ケサン君も手を荒らして頑張ってるみたい^^
★イノライフ5

「ロードナンバーワン」ファイティーン
スポンサーサイト

「ロードナンバーワン」関連NEWS^^

ロードナンバーワン
05 /13 2010
いっぱい韓国サイトに「ロードナンバーワン」の記事がアップされてる~~~^^

一部抜粋して紹介します^^


ソ・ジソプ"チェ・ミンス先輩に一技習った"絶賛

kjkim79201005131116360.jpg


俳優ソ・ジソプが先輩チェ・ミンスの演技力に親指を上げた。

ソ・ジソプは12日午後忠清北道(チュンチョンブクド),報恩郡(ポウングン),馬老面(マロミョン)で進行されたMBC <ロード ナンバーワン>(脚本ハン・ジフン・演出イ・ジャンス,金ジンミン)記者懇談会でブラウン管に復帰したチェ・ミンスに尊敬心を表わした。

ソ・ジソプは“チェ・ミンス先輩と演技をしながら本当に多いことを受けた。
安らかに率いてくれて,私やはり感情移入が上手なことができた。
本当に良い演技者だ”と絶賛した。


チェ・ミンスは<ロード ナンバーワン>で勇猛さと戦闘力をそろえた右職と暖かい中隊長サムス役を担った。
チェ・ミンスはソ・ジソプとユン・ゲサンにはお父さんのような存在で彼らの能力を育てる役割だ。

ソ・ジソプはチェ・ミンスと呼吸を初めて合わせながら,感心したと打ち明けた。
ソ・ジソプは“俳優中には相手方の気を引き上げる人,合わせる人,引き下ろす人がいると考える。
チェ・ミンスは相手方の演技を引き上げてくれて相手俳優を一段階高く上げておいてくれる。
たくさん習った機会であった”と話した。


チェ・ミンスは老人暴行事件以後活動を中断して<ロード ナンバーワン>で演技に復帰した。
<ロード ナンバーワン>は朝鮮戦争を背景で歴史と運命のうず巻きにまきこまれた三人の男女のサランと友情を描いたヒューマン メロドラマだ。
キム・ハヌル,ソ・ジソプ,ユン・ゲサンがキャスティングされて,話題になった。
<ロード ナンバーワン>は6月23日初めての放送される。
恩返し(忠北(チュンブク))=スポーツ韓国
ムン・ミヨン記者mymoon@sportshankook.co.kr



チェ・ミンスさん。。
上手い俳優さんだもんね~~~
老人の事件のときはちょっとビックリしたけど・・・

一緒に演じててやりやすい人とそうでない人はいると思う。。
チェ・ミンスさんからは学ぶことが多かったようで良かった~~♪

益々深みの増した演技が見れるのを期待します^^






ソ・ジソプ,キム・ハヌル‘ロード ナンバーワン’興行不安要素三つ

201005130314491001_1.jpg

'ロード ナンバーワン'がベールを脱いだ。
ドラマ'ロード ナンバーワン'はソ・ジソプ(ジャンウ役)キム・ハヌル(スヨン役)ユン・ゲサン(テホ役)チェ・ミンス(サムス役)等豪華出演陣で放映前から注目されている作品.

韓国戦争勃発60周年を記念して製作されながら,3年間の企画期間を経て,100%事前製作制に放送される。
来る6月13日完成を目標で現在80%ほど製作を終えた状態だ。

またSBS 'ラブストーリーイン ハーバード'(2004),'天国の階段'(2003)で有名なイ・ジャンスPDとMBC '犬とオオカミの時間'(2007),'甘い人生'(2008)で確固たるファン層を確保した金ジンミンPDが手を握ったのも問題.
その上ハン・ジフン作家は映画'ブラザーフッド'(2004) '野獣'(2006)等の脚本を書いた。

ドラマは戦争物とメロー物を行き来する。
スヨンを中心にしたジャンウとテホの三角関係が描かれる。

韓国戦争を背景で戦友になったジャンウとテホ,サムスの友情も描写される。
本来10部作戦争物で計画されたがここにメローを加えて,20部作で再誕生した。
ソ・ジソプとキム・ハヌルの程度高いベッドシーンとスペクタクルある戦闘場面がドラマの観戦ポイントとして作用する予定だ。

5月12日忠北(チュンブク),報恩郡(ポウングン),馬老面(マロミョン),ウォンジョン里で進行されたMBC 'ロード ナンバーワン'(脚本ハン・ジフン/演出イ・ジャンス,金ジンミン)現場公開および記者懇談会にイ・ジャンス,金ジンミンPDをはじめとして,ソ・ジソプ,キム・ハヌル,ユン・ゲサンなど主演俳優らが参加して,ドラマに対する強い愛情を誇示した。
明方から出てきて'牛のように'熱心にという俳優ら.
そしてその俳優らから完ぺきな信頼を受けている製作スタッフ.
彼らの熱情が表わす作品に対する期待感がそのどの時より高い。

しかし彼らのドラマに対する愛しい説明中間には隠せる不安要素らが存在した。
これは興行要素とも重なる部分があって憂慮されるのが事実だ。
長所が短所になることができる。

#戦争?=戦争でリアリティーを抜けば背信だけ残る

'ロード ナンバーワン'は朝鮮戦争勃発60周年特別企画だ。
6.25戦争を背景でする。
迫力感あふれる戦争場面が広報の手段でアピールされている。
しかし'ブラザーフッド' 'ライオン一等兵救うこと'(1998) 'バンド オブ ブラザーズ'(2001)等の見解効果に慣れた視聴者らにある程度のビジュアルを伝えることが出来るかは未知数だ。
これを認識したようにイ・ジャンスPDは"戦闘とメローが同じ割合で展開するだろう"ながらも"戦闘場面が過度に浮び上がるのを願わない"と話した。

戦闘場面を直接演出した金ジンミンPDは"戦闘のリアリティーよりキャラクターの人生に注目してくれ。
テレビである程度のビジュアルが出てくるかは大言壮語できない"とさらけ出した。
イ・ジャンスPDはまた"戦闘場面でT-34タンクが必須だ。
しかし製作費問題で1台の他に作ることができなかった。
以外には国防部タンクを利用した。
色々な小物にも若干の錯誤がありえる。

特に主人公が属した部隊員らの場合、師団マークを太極旗で交替した。


製作条件によりできない部分もある"と困難を吐露しながら"愛しい視線で見てあげること"をお願いした。
戦争とメローが同時に進行されるといってもひとまず戦争が浮び上がった以上映像美と事実性は必須要素だ。

最近放送されているMBC '神だと呼ばれた男'(2010)の場合放映前華麗な特殊効果が浮び上がりながら,ブロックバスター級ドラマで問題になっていた。
しかし特殊効果が"B級児童映画水準だ"という酷評を受けながら,ドラマはひそかに消えていきつつある。


#愛?=叙情的サランと激烈なサラン,有機的連結がカギ

5月12日進行された現場公開で撮影されたことは主人公ジャンウとスヨンの荒っぽいサランだった。

彼らが子役で成人演技者へ渡る場面が撮影された。
川岸の飛び石の橋を背景でジャンウがスヨンを背負った。
彼らの姿は小説'夕立ち'の一場面を連想させる程叙情的だった。

ところで同日公開されたティーザー映像ではジャンウとスヨンの激烈なベッドシーンが演出された。
露出を敬遠すると分かったキム・ハヌルはこの場面のために上半身露出を決心した。
画家のジャンウはスヨンのヌードを描いて,彼女に対するサランを自身の脳裏に刻印させた。
この場面はだいぶ印象的イメージを提供している。
興行性にも一役買うものと見られる。

イ・ジャンスPDは"劇の展開上初めから迫力感あふれる戦闘場面が演出される。
彼らの深いサランを描写する時間的余裕が不足した。
その説得力のために強いベッドシーンを演出した"と説明した。


また"激烈な戦闘の他の一方に優しいメローは似合わない。
それで'戦闘のようなメロー'を描いた"と明らかにした。


'夕立ち'を連想させる叙情的サランのイメージと映画'タイタニック'(1997)の一場面を連想させる激情的サランの羅列がどの程度の説得力で視聴者の共感を買えるだろうか。

もちろん'余命の瞳'(1991)のチェ・デジ(チェ・ジェソン)とユンヨオク(チェ・シラ)のキスシーンと同じようにジャンウとスヨンの'戦闘のようなベッドシーン'が純粋なサランに力をのせることもできるだろう。
またスヨンを囲んだジャンウとテホの3角関係は多くのドラマで描かれてきた。

MBC '余命の瞳'(1991) SBS '砂時計'(1995)から始まって,最近ではMBC '宣徳女王'(2009) KBS 2TV 'チュノ'(2010)でも同じ葛藤構造をお目見えした。
果たして'ロード ナンバーワン'が彼らの影から自由でありえる'何か'を見せるのか期待される。
製作スタッフが特徴に選んだ1人の女性を間に置いた二人の男の友情も特別に新しいと見られはしない。
前で言及したドラマで皆扱われた部分だ。


# 100%事前製作?=事前製作の問題点,二番煎じ可能性がある

'ロード ナンバーワン'は100%事前製作で注目されている。
イ・ジャンスPDやはりこの部分に自負心を感じる姿だった。
しかし事前製作はドラマと視聴者間のフィードバックを不可能させる.
視聴者の意見がドラマに反映されない。
反応が良いならば知らないがそうではないならばドラマは没落の道に入れる。
事前製作で有名になったKBS 2TV '漢城別曲-正'(2007)の場合放映当時ドラマ内の諷刺的要素によって多くの批判を受けていた。
しかし内容を修正することは容易ではなかった。
結局再撮影,補充撮影などに外圧疑惑が絶えなかったしドラマは論議の中に一桁数視聴率で放映終了していた。
イ・ジャンスPDは"最後には再編集などの手段がある"と話して,この部分に対する憂慮を表明した。

問題はここで終わらない。
'ロード ナンバーワン'は季節をドラマに反映するためにストーリー展開順序でない季節順序により撮影を進行した。
1-5部は夏,6-10部は秋,11-15部は冬,15-20部はまた夏が背景だ。
ところで撮影が始まったことは去る1月(冬)だった。
ドラマ撮影をストーリー中盤から始めたのだ。
現在ドラマは1部と16部を同時に撮影している状況だ。


この日公開された撮影現場には主人公の子役俳優らとジャンウとテホの戦友らが共に撮影準備をしていた。
これに対してイ・ジャンスPDは"脚本が事前に完成されただけに俳優らが作品を十分に理解している。
そのような点で問題にならない"と説明した。
しかし実際に初めから激烈なサランを分けなければならなかったソ・ジソプとキム・ハヌルは"序盤キャラクターの突然なサランに感情移入するのが難しかった"と口をそろえた。
この部分がどのように描写されるのか未知数だ。
放送が始まる6月23日が待たれる。
韓国戦争勃発60周年を記念して製作されたドラマだ。
(写真提供= MBC)
朴ジョンヒョンpch46@newsen.com




私も戦争ものって好き嫌いがあるからどうかな?とか、三角関係の恋愛ものってよくあるパターンだしってことも思ってた。。
たくさんのお金をかけて作られているけど、それでもまだ足りない部分もあるようで。。
「温かい目」で見ないといけないのね~~
関西人はすぐに突っ込み入れたくなるけど、そこは我慢、我慢。。。笑

事前撮影されてるから、視聴率が良くないと途中で撮り直すっていうのが、難しいもんね。。
おまけにドラマの中盤あたりから撮り始めたって書いてあるし・・

放送が始まるまでいろいろ不安なこともあるようです。。


前のNEWSでは16話、ここのNEWSでは20話。。
M-Netでは20話になってるから、やっぱり20話かな~~
どっちやねん

ケンチャナ韓国~~~


M-Netにもベッドシーンのことが書かれてました^^
★M-Net



今日はこの話題でモチキリで、過去のドンゴンさんの結婚式の写真なんかど~~でもいいかもやけど。。笑

一応、リンク貼っておきます
★e-じゃん

「ロードナンバーワン」ジソブ★ベッドシーンは3回^^

ロードナンバーワン
05 /13 2010
昨日、「ロードナンバーワン」の写真の記事を書いたとき、「激しいラブはなさそう」って写真を見て、勝手に想像したけど、全くちがっていたようですヾ(°∇°*) オイオイ

ジソとハヌルさんのベッドシーンが3回もあるらしい~~~

それも審議にかかるるのでは?というようなものらしい。。。

え~~~~
見たいような見たくないような。。。

もちろん見たい~~~~~爆




☆日本語記事
★朝鮮日報

★イノライフ1

★イノライフ2

★イノライフ3

キム・ハヌル“強力なベッドシーン…審議にかかるか心配”

100513_kim.jpg

朝鮮戦争を背景で三人の男女のサランと友情を扱ったMBC新しい水木ドラマ‘ロード ナンバーワン’(演出イ・ジャンス,金ジンミン,脚本ハン・ジフン)で俳優キム・ハヌルが強力な露出演技に挑戦した。
‘ロード ナンバーワン’製作スタッフは12日午後忠清北道(チュンチョンブクド),報恩郡(ポウングン),ウォンジョン里で進行された現場公開前ソ・ジソプとキム・ハヌルの破格的メロー場面が入れられた予告篇を初めてお目見えした。

特に‘ジャンウ’(ソ・ジソプ)が愛する女性の姿を一生大事に保管するために‘スヨン’(キム・ハヌル)の裸体を描くことで残す場面でキム・ハヌルは生涯初めての上体脱衣を敢行した。

“戦闘のように激烈にメロー場面を撮った”というソ・ジソプの言葉通りキム・ハヌルとソ・ジソプのベッドシーンはドラマとしては多少程度が高かった。
“全身にアザができるほどエネルギーあふれるようにおしたメロー場面が多かったです。
‘審議にかからないだろうか’心配になるほどですが(笑い).


ドラマを撮影しながら,初めて上体を表わしましたが。
女優として服を脱ぐというのがやさしくなかったけれど,イ・ジャンス監督様に対する信頼が大きかったために可能でした。”
女優に露出は解きにくい宿題とも同じだ。
きれいで清純なイメージを主に見せたキム・ハヌルにはより一層大きい問題で近寄ってきただろう。

露出演技を辞さないながらも,今回の作品に出演した理由が気になった。

“私がその間映画とドラマを合わせて,20編ほど出演したのに戦争の中サランがこのようにおもしろくて感動的であることは初めて見ました。
一度も経験してみることができない時代を生きるということもおもしろい作業がよいと思いましたし。
それで‘なぜこういう場面が入るだろう’という疑問がおこらなかったんですよ。
すべての場面がみな自然で当然だという気がしました。”


キム・ハヌルは男俳優ソ・ジソプとユン・ゲサンに比べて,出演分量が多少少ない方だと打ち明けた。
出演分量は俳優にいて,敏感な懸案にもかかわらず即出演を決心したのも‘スヨン’に魅力を感じたためだと告白した。
“時にはお母さんのように時には故郷のように安楽で認定多くのキャラクターを持ったスヨンが愛らしかったです。
私が消化するには本当に大きい人物だが,一度ぶつかってみたかったんですってば。”

撮影場の雰囲気は和気あいあいだった。
何より俳優らの間のきずな関係が厚いと見られた。


特にキム・ハヌルはソ・ジソプ,ユン・ゲサンと各々縁があった。
ソ・ジソプとは1997年ファッション衣類広告に一緒に出演した経験があって,ユン・ゲサンとは映画‘6年目熱愛中’で恋人で呼吸を合わせた。

‘ロード ナンバーワン’でまた会ったソ・ジソプとユン・ゲサンの姿はどうか。
“ユン・ゲサン氏とは作品が終わった後にも持続的に連絡しながら,親しく過ごしました。
茶めっけがあって,言葉の遊びをよくします。

ケサンが引き受けたテホはスヨンを一方的に好きな多少深刻なキャラクターと内面演技を必要とする時があるのに,ぷつんといたずらをして感情の流れを切るようにさせて時々腹が立つ時がありますが(笑い)。”

“ソ・ジソプ氏を初めて見た時は私も新人であったし互いに内向的性格だとほとんど対話をできませんでした。
10年がふわりとすぎてまた会ったのに初めての場面からお互いを強烈に愛する場面を撮らなければならなかったので大変だったんですよ。
今はとても楽になって,楽しく演技しています(笑い)。”


‘ロード ナンバーワン’は朝鮮戦争60周年を記念する作品で60年の間交錯した三人の男女のサランと友情を描き出す。
‘天国の階段’ ‘星を撃つ’ ‘美しき日々’を演出したイ・ジャンス監督と‘犬とオオカミの時間’ ‘新お金’の金ジンミン監督が力を合わせた。
100%事前製作ドラマで作られる今回の作品は現在80%ほど撮影が完了した。
キム・ハヌル,ソ・ジソプ,ユン・ゲサン,チェ・ミンス,ソン・チャンミンなどが出演する‘ロード ナンバーワン’は来月23日イカリを上げる。
忠北(チュンブク)恩返し=国民日報クッキーニュース金ウンジュ記者kimej@kmib.co.kr







ソ・ジソプ“キム・ハヌルとラブシーン,戦闘のように激烈におした”

road--2.jpg


戦乱に咲いたサランと友情を証明したMBC新しい水木ドラマ‘ロード ナンバーワン’(演出イ・ジャンス,金ジンミン脚本ハン・ジフン)に出演する俳優ソ・ジソプとキム・ハヌルの破格的メロー演技がドラマを見るまた一つの観覧ポイントに関心を集める予定だ。

劇中ソ・ジソプは一生ある女性を愛する最高の純真な男‘イ・ジャンウ’に扮する。
恋人のために喜んで戦争に飛び込む程献身的で熱情的だ。
キム・ハヌルが演技する‘キム・スヨン’はイ・ジャンウのあふれるサランに幸せな毎日を送るが,戦争が勃発した後,陸軍士官学校出身のエリート将校テホ(ユン・ゲサン)と婚約しながら手のほどこしようもない運命のうず巻きに陥る。


12日午後忠清北道(チュンチョンブクド),報恩郡(ポウングン),ウォンジョン里‘ロード ナンバーワン’撮影現場で会ったソ・ジソプは焼き付ける陽射しの下撮影している場所と,表わした肉所々黒くかすんだ。
ハンデッチァムを寝ながら,ドラマにオールイン中であるソ・ジソプは立派な会食一度できなかった程に窮屈なスケジュールに体重も3kgほど減った。

しかしこのような撮影強行軍に心身が疲れてだるいが目つきだけは強烈に生きていた。
軍服をそろえて,着て記者を向き合った姿を見るので戦士‘イ・ジャンウ’が作品の中で歩いて出たようにした。
来月23日初めての放送を控えてソ・ジソプとキム・ハヌルの濃いベッドシーンが取材陣らに予告篇を通して公開された。

ドラマではかなり高い程度であった。

ソ・ジソプにキム・ハヌルとのベッドシーンどうだったのだろうか。

“メロー場面を戦闘するように激しく撮影しました。
‘ロード ナンバーワン’で演技したメロー場面は以前に一度もお見せしなかった目新しい試みだったんですってば。
激しい感情が行き来するメロー場面を撮影しながら‘私の中にこういう姿があったか’自ら驚きました。”


ソ・ジソプとキム・ハヌルの激しいメローシーンはイ・ジャンスPDを通して,より一層生き生きと生き返った。

このPDは“私たちのドラマは‘戦争’と‘メロー’を均等に引っ張っていく作品”としながら“メローは戦争ぐらい強烈でなければならなくて戦争もメローのように激烈でなければならないと考えた。

それで俳優らにもこのように注文した”として破格的ベッドシーンを演出した背景に対して説明した。

テレビ劇場とスクリーンに本格的に飛び込んで10年.
多様な作品をたどりながら俳優として成長したソ・ジソプだが,今回の作品のメローと戦争シーンは平凡でない。
それにもかかわらず,この作品を選択したことは目新しい戦争ドラマだったためだという。

“しばしば朝鮮戦争を素材にした作品といえば戦争だけ集中的に描く傾向があるのに,この作品は戦争だけでなくその中で起きる人々の人生とサランそして友情までまんべんなく溶けていて新鮮でした。”
SBSドラマ‘カインとアベル’,KBSドラマ‘ごめん愛してる’,‘バリでの出来事’等で全身を引き締めない演技を見せた彼が今回も土ぼこり食べながら,地面を転がるアクション演技を自ら要望した。
あえてからだ苦労が激しい作品に頻繁に出演する理由が気になった。

“前洋服を着飾って表面のかっこうを出した演技や静寂なキャラクターより体で走ってぶつかる躍動的人物がおもしろかったんですよ。
今回の作品に出演するようになったことを幸運だと考えます。
次も足で走る作品でごあいさつしそうです。(笑い)”


最後にソ・ジソプは明るくて愉快なキャラクターでの変身を予告しながら,期待を頼んだ。

“なぜ度々重いキャラクターだけ演技するかと尋ねられるんですが。
シチュエーションコメディ‘男三人女三人’でコミカルなキャラクターをお見せしたのに私の演技が引き立って見えないからなのか記憶できなかったんですよ(笑い).
今度は過去の明るい姿のように軽くて愉快な演技をお見せするでしょう。”

朝鮮戦争を背景にした三人の男女の交錯したサランと友情を扱った‘ロード ナンバーワン’は100%事前製作ドラマで現在80%ほど撮影が完了した。

来月13日全回撮影を終えた後コンピュータ グラフィック作業を経て,23日視聴者を訪ねて行く。

ソ・ジソプをはじめとして,キム・ハヌル,ユン・ゲサン,チェ・ミンス,ソン・チャンミンなどが出演する。

忠北(チュンブク)恩返し=国民日報クッキーニュース金ウンジュ記者kimej@kmib.co.kr



撮影はハードだったようで寝袋で寝てたん?
食事もままならず3キロも痩せて。。
過酷~~

6月23日の放送を控えて取材陣にジソとハヌルさんの濃い~~ベッドシーンも公開されたよう。。

「私の中にこういう姿があったのか’自ら驚きました。。」ジソブ談。。

アザが出来るほどの激しいメローって。。
どんなラブシーンなんやろうね~~

前にオフ会とかでジソペンさんたちと話をしてたときに、「ジソがこういうシーンを演技でするのはどうか?」っていう話になったことがあった。。

賛否両論で「全然かまわない」人もいれば「ファン辞める」っていう人まで、いろいろ~~@@

私はジソはもう俳優としてソコソコの位置にいるし、年齢的にもこういうシーンがあるからやりませんっていうのはどうかなって思う。
せっかく内容のいい作品で必要なシーンであるならOKでしょう。。

必要ないのに無理やりそういうシーンを入れて、視聴率稼ぎっていうのは良くないと思うけど。。。

ショックな人もいるだろうけど、見たくない人は指の隙間から覗いて見てください^^
私はしっかり見させていただきます

次回作の話もちらっと出てきて。。
もう決まってるんやね~~~
今度はコメディー?
明るく愉快なキャラクターだって~~~
また足で走る作品ってことはアクションもありかな?

映画かドラマかわからないけど、たまには明るいキャラも
次回作も楽しみにしようっと。。

13日がクランクアップ?

無事に撮影が終わりますように。。



「ロードナンバーワン」ネタ、まだ続きます。。

chiki

蘇志燮、B'z、X JAPAN、BIGBANGが好きです♪ヨガや楽しいこと大好き♡