FC2ブログ

「主君の太陽」関連^^

主君の太陽
09 /01 2013
MV「主君の太陽」OST(Touch Love)




歌だけより映像があるほうが




「主君」の脇で出てる人たち。。

本当はいい人なのか悪い人なのか?
今のところまだわからない@@

謎が多い。。

'主君の太陽',ソ・ジソプそばぐるぐる回るミステリー5人衆正体は?

201309010954776082_52229249e7676.jpg


'主君の太陽'崔ジョンウ,金ミギョン,イ・ジョンウォン,キム・ヨンゴン,ハン・ボルムがソ・ジソプ周辺をぐるぐる回る'ミステリー5人衆'で視線を集中させている。
崔ジョンウ,金ミギョン,イ・ジョンウォン,キム・ヨンゴン,ハン・ボルムはSBS水木ミニシリーズ'主君の太陽'(脚本ホンジョンウンは・ホン・ミラン,演出ジンヒョク・権ヒョクチャン)で各々チュ・ジュンウォン(ソ・ジソプ)のそばで手と足になる秘書キト,チュ・ジュンウォンの幼い時期を皆知っている叔母ソンラン、チュ・ジュンウォンに認められずにいる叔母の夫ソクチョル,海外旅行中であるチュ・ジュンウォンのお父さん,チュ・ジュンウォンの死んだ初恋チャ・ヒジュ役を担って,熱演を繰り広げている。

彼ら'ミステリー5人衆'は何より各自他意と方法で主君のそばを守りながら,主君を見回す'疑問増幅キャラクター'に関心を集めている。
秘密らしくて,疑わしい歩み(動向)を繰り広げる彼ら5人衆が抱いている伏せた意味は何なのか好奇心を刺激している状況.
彼ら5人衆のミステリー一部門らを探ってみる。

◆主君にはあまりにも遠い,お父さん-‘100億拉致事件’とどんな関連があるのか?

チュ・ジュンウォンは‘100億拉致事件’以後しつこく犯人の顔を見たのか追及したお父さんに疑いを持っている場所.
チャ・ヒジュがしばしばした“心が正直に吹かない時は,痛みが答を周知”という言葉がお父さんと関連になったカンウ(ソ・イングク)の口から出たという事実を知るようになって,より一層疑いを固める姿を見せた。

特にチュ・ジュンウォンのお父さんはチュ・ジュンウォンの身辺を保護するという目的でカンウを通して,息子の一挙手一投足を監視しているけれど,“犯人が息子のそばに現れるかと思って心配になることですか?”という質問には意を分からない微笑だけを表わした。

本当にチュ・ジュンウォンのお父さんは息子を心配することなのかでなければ‘100億拉致事件’と関連があることなのか気がかりなこと!
この増幅されている。

◆主君の初恋,おばけチャ・ヒジュ-なぜ主君のそばを離れることが出来ないか?

過去幼いチュ・ジュンウォンが愛したチャ・ヒジュは死んでもおばけになって,チュ・ジュンウォンのそばをぐるぐる回っている。
彼は世の中にはチュ・ジュンウォンと共に拉致されて人質で利用されて死んだと知らされたが,チュ・ジュンウォンの記憶の中チャ・ヒジュは拉致犯と共犯で記憶されている。

だからチュ・ジュンウォンはチャ・ヒジュの背信で胸に傷を抱いて生きていっている状況.
しかしチャ・ヒジュおばけは自身を恨むチュ・ジュンウォンを惜しみながら離れることが出来なくなっている状態だ。
だけでなくテ・ゴンシルのからだを借りて,チュ・ジュンウォンに会って愛するという言葉まで伝えながら,混乱を加えた。

チャ・ヒジュが隠している真実は何か,なぜチュ・ジュンウォンのそばを離れることが出来なくてぐるぐる回るのか疑問が積もっていきつつある。

◆主君のお母さんのような存在,叔母ソンラン-‘100億拉致事件’の真実を知っているのか?

ソンランは‘100億拉致事件’を含んだチュ・ジュンウォンの幼い時期とチュ・ジュンウォンが拉致された当時チュンウォンの事情に対して詳しく知っている人の中の一人チュ・ジュンウォンの叔母だ。
テ・イリョン(金ユリ)との対話で“その時うちの兄が身代金を出さなくてヒジュという子が死んだという話がありました。
話にもならないたわごとだが。
私は兄さんが外国に飛び交うのが,その時なくなった宝石を探して,誤解を解こうとするのがないかと思います”と言及したかとすれば,“あいつ死んで,なぜか命の値段返すことのようで,ここと縁を切るかといったのに,チュンウォンが考えても私が,継続するのを上手にしました”と死んだチャ・ヒジュが住んだ保育院に後援を継続している姿を見せた。
ソンランは‘100億拉致事件’の真実を知っているか。

◆主君の憎まれた叔母の夫ソクチョル-‘主君’のキングダムを占めようとする胸算用か?

誰よりも成功に対する欲望が大きいソクチョルは自身を叔母の夫と認定してくれないチュ・ジュンウォンに対する不満を一瞬一瞬表わしている状態だ。
これと関連して,彼はチュ・ジュンウォンがテ・ゴンシル(コン・ヒョジン)と編集されるようになれば自身に有利なことだと判断してチュ・ジュンウォンとテ・ゴンシル間を応援している。

特にテ・ゴンシルを反対する妻ソンランが恐ろしくて当てておいてはできないが部下職員アン・ジンウ(チョン・カウン)をつかい,チュ・ジュンウォンとテ・ゴンシル間を監視するかと思えば,二人を繋いてくれるために不断に,努力する。
チュ・ジュンウォンとテ・ゴンシルを構成しようと努めるソクチョルの意図は何か注目が集まっている。

◆主君の手と足秘書キトは真の主君の腹心であろうか?

キトはチュ・ジュンウォンのためにならば,物心両面で立ち向かう忠実な人物みな。
血縁も詳しく知らずにいるチュ・ジュンウォンの乱読症を知っているのはもちろん,児童心理社資格証明,弁護士資格証明など多方面の専門的知識をそろえていることが明らかになった。

これによって彼はチュ・ジュンウォンが危機に処した時ごとにチュ・ジュンウォン助け合いに積極的にでる姿を見せる。
またテ・ゴンシルに向かうチュ・ジュンウォンの心を早目に把握,チュ・ジュンウォンがためらうときはテ・ゴンシルに向かっておす姿を見せている。

しかし去る放送ではチュ・ジュンウォンからお父さんに自身に対して報告していることでないかという疑いをかけられたりもしたところ。
キトは主君の腹心であることなのか,でなければまた他の意図を持って主君のそばを守ることか視聴者らの質問が続いている。

製作会社ボンファクトリー側は“崔ジョンウ,金ミギョン,イ・ジョンウォン,キム・ヨンゴン,ハンボルムはソ・ジソプを中心に各自の個性を明確に表わしながら,これから展開する内容に対する気がかりなことを育てている”として“ベールに包まれていた事件らが明らかになりながら,より一層活躍するようになる5人衆の熱演を期待してくれ”と明らかにした。

一方去る29日放送された8回分放送末にはテ・ゴンシルにチャ・ヒジュの話(言葉)を伝え聞いて怒るチュ・ジュンウォンの姿が視線を引き付けた。
犯人を守ってくれるために話せないと伝えられたこと.
激しい感情を耐えることができないチュ・ジュンウォンとそのようなチュ・ジュンウォンを残念にながめるテ・ゴンシルの姿が描かれながら,次に回に対する期待感を高めた。
来る4日午後10時放送.
eujenej@osen.co.kr




チュンウォンの秘書さんはいい人であって欲しい。。
今のところいい人っぽい。
テヤンとのことも応援してくれてるし、子供虐待事件の時も助けてくれた。

おばの夫は怪しいかも。。
あの人って悪役多くない?笑

そういうので決めつけたらアカンけど、胡散臭い気がして。。

あのスペインかどっかにいてる父親も怪しい。。
あいつこそ胡散臭い。。笑

これから正体がいろいろと見えてくるかな?




主君の太陽’ソ・ジソプ(So Ji Sub)-ソ・イングク(Seo In Guk),男性美あふれる2人の俳優‘カリスマ’で撮影場‘ほかほか’

‘主君の太陽’ソ・ジソプ(So Ji Sub)とソ・イングク(Seo In Guk)が手に汗握る‘決定的出逢い’を持つ。
ソ・ジソプ(So Ji Sub)とソ・イングク(Seo In Guk)は29日放送されるSBS水木ミニシリーズ‘主君の太陽’(脚本ホンジョンウン-ホン・ミラン/演出ジンヒョク/製作本ファクトリー) 8回の方で迎え合って先債お互いを凝視している,対立構図を演出する予定.

社長と保安チーム長のきっ抗した気力の戦いが感じられる‘花火カリスマ’対決に視線が集中している。

20130829163218_6134.jpg

劇中テ・ゴンシル(コン・ヒョジン)の話を通して,カンウ(ソ・イングク(Seo In Guk))から疑わしい感じを受けたチュ・ジュンウォン(ソ・ジソプ(So Ji Sub))が直接カンウがいる保安室を探した状況.

動揺することがなくカンウを穴があくほど見ているチュ・ジュンウォンとそのようなチュ・ジュンウォンの行動で何かを感知したカンウの淡々とした姿が繰り広げられること。
二人は各自のカリスマを発散しながら,一寸の譲歩もない尋常でない雰囲気を表わす。

20130829163228_3648.jpg

特に去る28日放送された7回でチュ・ジュンウォンはテ・ゴンシルがカンウに小さい行動まで意識する姿を見せてぶつぶつ言いながら,嫉妬心を表わしたところ。
これと共にチュ・ジュンウォンの一挙手一投足を監視してきたカンウはチュ・ジュンウォンの周辺をぐるぐる回るコン・ヒョジンの歩み(動向)までチュ・ジュンウォンのお父さんに報告する姿に関心を集めた。
チュ・ジュンウォンがなぜカンウを訪ねて行くようになったことなのか視聴者らの気がかりなことを高めている。

20130829163237_2504.jpg


ソ・ジソプ(So Ji Sub)とソ・イングク(Seo In Guk)の‘花火対立構図’は去る23日京幾道のあるショッピングモールで撮影された。
その間共に登場する場面が少なかったソ・ジソプ(So Ji Sub)とソ・イングク(Seo In Guk)は初めての同伴撮影を控えてときめく姿を表わしながら,撮影場に登場した。

20130829163246_5665.jpg

ソ・ジソプ(So Ji Sub)はソ・イングク(Seo In Guk)を見てうれしさを隠すことができない,後輩サランを正確に見られたし,ソ・イングク(Seo In Guk)やはりソ・ジソプ(So Ji Sub)を‘お兄さん’と呼びながら,格別に従う親しい姿を見せた。
劇中刺々しくならざるをえないチュ・ジュンウォンとカンウの関係とは180度違うように,実際には和気あいあいな2人の俳優の姿に製作スタッフらは“あたかも親兄弟のようだ”と歓声を送った。

20130829163255_8258.jpg

特にソ・ジソプ(So Ji Sub)とソ・イングク(Seo In Guk)は意味深長な対立構図を表現しなければならないこの日撮影で幻想の呼吸を発揮,完成度高い場面を作り出した。
ソ・イングク(Seo In Guk)は先輩ソ・ジソプ(So Ji Sub)との対面撮影を控えて多少緊張した姿を見せた状態.
これにソ・ジソプ(So Ji Sub)がソ・イングク(Seo In Guk)と額を突き合わせて台本練習をしながら自然な呼吸を引き出した。

20130829163304_8151.jpg

ソ・ジソプ(So Ji Sub)の配慮で余裕を取り戻したソ・イングク(Seo In Guk)はすぐキャラクターに没入,ソ・ジソプ(So Ji Sub)の深い目つきに負けない自分だけのカリスマを発散した。
2人の俳優はカメラの前では冷たい目つきでお互いを凝視しながらもジンヒョクPDのOKサインが落ちればまた笑い花を咲かせて出す姿で撮影場を染めた。

20130829163312_9803.jpg

製作会社ボンファクトリー側は“ソ・ジソプ(So Ji Sub)とソ・イングク(Seo In Guk)が今回の正面対決場面を通して,各々特有のカリスマを正しく表現やり遂げた。
2人の俳優の鋭い目つきに撮影場が一巡凍りつく感じがしたほど”として“ソ・ジソプ(So Ji Sub)とソ・イングク(Seo In Guk)の活躍を期待してくれ”と明らかにした。

20130829163321_0252.jpg

一方去る28日放送されたSBS ‘主君の太陽’ 7回の方ではチュ・ジュンウォン-テ・ゴンシル-カンウ三人の交錯した関係が描かれて視線を引き付けた。
テ・ゴンシルに心より近付くカンウとテ・ゴンシルとカンウの間を嫉妬するチュ・ジュンウォンの姿が繰り広げられたこと。
三人の関係がどのように発展するのか期待を高めている。


役の上では敵対してるけど、撮影中は和気あいあい。。
いい感じですね~~♪

カンウのキャラも良くて、ちょっと肩入れしてしまう。。
テ・イリョンはシロ

カンウがいい人だけに応援したくない~~><
スポンサーサイト



「主君の太陽」パロディー^^

主君の太陽
09 /01 2013
毎日、ニュースや写真が次々アップされてて、ちょっと見なかったら気づかなかったことがたくさん^^

今更ってものもあるので、気になったものだけアップ~~^^


「主君の太陽」と「シークレット・ガーデン」のパロディー^^
よく出来てますね~~♪

'主君のシークレット'ソ・ジソプ-ヒョン・ビン,財閥家ライバル列伝(熱戦)

30000311633_700.jpg

俳優ソ・ジソプとヒョン・ビンが財閥家ライバルで会った。
29日SBSTVJOBS(http://tvjobs.sbs.co.kr)に水木ドラマ'主君の太陽'と'シークレット ガーデン'を再編集したUCCコンテンツ'主君のシークレット'が公開された。

劇中チュ・ジュンウォン(ソ・ジソプ)とキム・ジュウォン(ヒョン・ビン)をいとこ枝幹で描き出した'主君のシークレット'は財閥家の暗闘を写実的に描写したパロディ映像だ。
ソ・ジソプとヒョン・ビンは各々ショッピングモール'キングダム'と'ロエル'デパートで登場して,激しいライバル戦を繰り広げる。

ヒョン・ビンは'キングダム'近隣に大型流通業社'ジャイアンツ モール'を建設して,兄を圧迫し始める。
ドラマ賞ではまだ明らかにならない'ジャイアンツ モール'の主人が分かってみればヒョン・ビンという点はパロディなので可能な虚を突く反転だ。

既存'キングダム'モデルだったオスカー(ユン・サンヒョン)まで迎え入れて,激しい攻防を繰り広げる二人の男の話は実際ドラマというほどリアルに展開する。
だがヒョン・ビンが危機に処した時,最も早く手を差し出した人は他でもない兄ソ・ジソプだった。
幼い時期から四ご無親(全く一人ぼっちの身)の年下のいとこヒョン・ビンをかばって抱いてくれたソ・ジソプの兄弟愛は胸じいんとした余韻を残す。

インターネットユーザーらは"ジャイアンツモール社長がキム・ジュウォンであるとはおもしろい","艶がない性格が似て,実際にいとこのようだ","ソ・ジソプとヒョン・ビンを共に見るので目が贅沢な暮らしだ"等反応を見せた。
一方,'主君の太陽'はチュ・ジュンウォン(ソ・ジソプ)とテ・ゴンシル(コン・ヒョジン)の間が順次近づく中でコンシルに向かったカンウ(ソ・イングク)の真心までより増しながら,3角ラブラインが本格化している。


面白い~~
ヒョンビンのシークレット・ガーデンはロッテを想像させるデパートっぽい感じ。。
チュンウォンのショッピングセンターとライバル。。

ジソとヒョンビンがいとこっていうのも面白い。
シークレット・ガーデン見た人はパロディーを楽しく見れるね。。

これからホントに登場して絡んできたらもっと面白いのに~~~

韓ドラはたまにこういう別のドラマを絡ませて遊んだりするところが面白い^^






‘主君の太陽’,陥れば薬もない…視聴率秘訣は?

30000312234_700.jpg

‘主君の太陽’が‘破竹の勢い’視聴率上昇の勢いで水木劇独走行進を継続しながら,耳目を集中させている。
SBS水木ドラマ‘主君の太陽’(脚本ホンジョンウン-ホン・ミラン,演出ジンヒョク-権ヒョクチャン/製作ボンファクトリー)は硬いストーリーと整っている演出そして個性と演技力を皆兼備した俳優らの組合で同時間帯視聴率1位をのがさないでいる状況.

特に去る29日放送された8回分も再び自らの最高視聴率を更新しながら,視聴率19.2%(ニルソンコリア,首都圏基準)を記録,20%台視聴率進入を目の前に置いている。
これと関連して‘主君の太陽’は幻想の呼吸を合わせている俳優らの‘最強セーミ’,気がかりなことを刺激する予測不可能なストーリー,ドラマの没入を高める興味深い演出が完ぺきな3拍子調和をなしているという評価を受けていること。
‘工作ドラマ’で評価されている‘主君の太陽’の視聴率が上昇するほかはない理由を調べる。

◆ソ・ジソプ-コン・ヒョジン,‘セーミ甲カップル’の完ぺきな演技変身!

視聴率上昇の勢いの最も大きい要因は‘ロコキング’変身に乗り出したソ・ジソプと‘名不虚伝’ロコクィーン コン・ヒョジンの‘最強セーミ’だ。
艶がない‘財閥男’チュ・ジュンウォン役を担ったソ・ジソプは鋭い毒舌を飛ばしながらも嫉妬心にすねる‘愛らしいカチル男’の姿を正しく見せている場所.

‘ソ・ジソプの再発見’という評が後に従うほど爆発的な呼応を得ている。
コン・ヒョジンはラブリーな魅力を発散しながらもおばけのために陰気になったテ・ゴンシルの挫折感をすさまじく表現やり遂げる八色鳥魅力で視聴者らをひきつけている。
特にソ・ジソプとコン・ヒョジンは毎回切ないスキンシップで視聴者らをときめくようにしたり,下手な配慮で微笑を浮かべるように作る!
増えた,‘ソコカップル’の強力な‘セーミ’をテレビ劇場にまき散らしている。

◆‘ソコカップル’にソ・イングク-金ユリまで加勢…予測不可能ラブライン構図!
ソ・ジソプとコン・ヒョジンがお互いに引かれているなかでソ・イングクと金ユリが加勢,四人の交錯したラブライン構図が描かれながら,視線を離すことができなくさせている。
ソ・イングクはコン・ヒョジンを心より好きになってしまったカンウの複雑な感情を繊細に演技やり遂げている状況.
淡々なようだが配慮出る繊細な姿が女心を揺さぶっている。

また金ユリはソ・イングクにどっぷり浸かったテ・イリョン役を担って,‘石直球告白’を飛ばす大胆さを表わしながら,ドラマに活気を加えている。

◆ソ・ジソプ-コン・ヒョジン,“彼らがすれば何でも流行になる!”
ソ・ジソプとコン・ヒョジンはぱんぱん飛ぶ語り口とまねたいファッションスタイルをお目見えしながら,ドラマを見る面白みを増している。
劇中チュ・ジュンウォンに完ぺきソ・ジソプが特有の手動作と共にことができなく叫ぶ“消えて”という動作が流行のように広がっていること。

また劇中コン・ヒョジンに対するソ・ジソプの姿を遠回しに言った別称も雨後の筍生じている。
冷たい話とは違ってコン・ヒョジンの話ならば皆聞いてあげる‘やさしい男’,しょっちゅう手がかかるからといって登場した‘海老菓子男’等がそれ.
そうかと思えばコン・ヒョジンはファッションニスターで毎回着用して出てきた独特の指輪らとヘオタイなどが関連検索語に上がるほど関心を集めている。

◆名不虚伝‘ホン姉妹’,ときめきいっぱいぐつぐつある‘ロコミックホラー’!
ホンジョンは-ホン・ミラン作家は気がかりなことを誘発する予測不可ストーリーと俳優らの‘セーミ’が100%生き返れるときめきいっぱいであるセリフでドラマのモール入道を高めている。

疑問点らがいっぱいであるキャラクターらを適材適所に配置,反転ストーリーを予告して出たこと。
主人公らの愛らしいラブラインと共に各種理由を持った霊魂らのためのヒーリング プロジェクト,さらに解けない事件らと疑わしい人物らが織り目が細かい調和を作り出しながら,視聴者らのチャンネルを固定させている。

◆“一方の映画を見る感じ”ジンヒョクPDの躍動感ある演出!
‘主君の太陽’は硬いストーリー劣らず映画を見るような躍動感ある演出にも愛されている。
ジンヒョクPDは‘主君の太陽’が持ったファンタジー的要素を浮上させるために意図的に映画のような色感と場面転換を演出していること。
適切に緩急を調節した演出で俳優らの感情が細かく伝えられるのはもちろん夢幻的な雰囲気がより増して,ストーリーに対する集中度を上昇させている。

製作会社ボンファクトリー側は“ソ・ジソプ-コン・ヒョジン-ソ・イングク-金ユリをはじめとして‘主君の太陽’全出演陣とスタッフらが一つの心で熱心に撮影に臨んでいる”として“視聴者らが送るサランを受けて,より一層完成度高い作品を作るために努力する”と明らかにした。

去る29日放送された8回分放送末にはテ・ゴンシルにチャ・ヒジュの話(言葉)を伝え聞いて怒るチュ・ジュンウォンの姿が視線を引き付けた。
チャ・ヒジュが‘100億拉致事件’の共犯を守ってくれるために,犯人に対して話せないと伝えられたこと.
怒りと悲しみが入り乱れた激しい感情を耐えることができないチュ・ジュンウォンとそのようなチュ・ジュンウォンを残念にながめるテ・ゴンシルの姿が描かれながら,来る9月4日放送される9回の方に対する期待を高めた。
写真提供=ボンファクトリー


16話の半分、折り返し地点に来ました。
チュくんとテヤンの距離が縮まって来つつもまだ完全ではないし。。

視聴率も毎回少しづつ上がってきてるし、これからどうなるのか気になります。。

chiki

蘇志燮、B'z、X JAPAN、BIGBANGが好きです♪ヨガや楽しいこと大好き♡