FC2ブログ

「主君の太陽」12話関連☆Part2

主君の太陽
09 /13 2013
昨日の「主君の太陽」12話関連」NEWS

13話Goodシーン










'主君の太陽'側"'熊三匹'肩踊りソ・ジソプ アドリブだ"

20130913_1379039300_84302000_1.jpg

俳優ソ・ジソプが童謡‘熊三匹’を呼ぶ時踊った肩律動がアドリブという事実が明らかになった。
ソ・ジソプは去る12日放送されたSBS水木ドラマ スペシャル‘主君の太陽’(ホンジョンウン、ホン・ミラン脚本,ジンヒョク演出) 12回で‘熊三匹’を熱唱しながら可愛い魅力を追加した。
この日放送でテ・ゴンシル(コン・ヒョジン)はひき逃げ事故で死んだ子供ユリョンのくやしい恨みをはらそうとした。

これにチュ・ジュンウォン(ソ・ジソプ)カンウ(ソ・イングク)金キド(崔ジョンウ)等は童謡を歌ってくれることにした。
特にチュ・ジュンウォンは“得意に得意に上手にする”と‘熊三匹’最後の部分を呼びながら,肩律動まで付け加えた。
テ・ゴンシルが“もう一度してくれ”としたらチュ・ジュンウォンはふんに抑えがたくて,肩踊りを反復,金キドの制止を受けるなど笑いをかもし出した。
これと関連して‘主君の太陽’製作会社側は13日TVリポートに“台本上では‘熊三匹’歌詞だけ記されていた。

だがソ・ジソプが悩みの末に肩律動と繰り返すのを作り出した”とソ・ジソプの‘熊三匹’誕生ビハインドを聞かせてあげた。
特にソ・ジソプは‘主君の太陽’を通じて‘ロコキング’に新たに出ている状況.
手動作から表情まで草木が水分を吸い上げた演技をして出している。
何より多様なソ・ジソプのアドリブが劇に活力を吹き込んでいる。

今回の‘熊三匹’やはり同じこと.
これに伴いソ・ジソプに対する視聴者らの反応も熱い。
一方視聴率1位を強硬にしている‘主君の太陽’はケチで唯我独尊の社長チュ・ジュンウォンと陰気でインスピレーションが発達した女子職員テ・ゴンシルが悲しい理由を持った霊魂らを違令するロコミク ホラードラマだ。
写真=SBS ‘主君の太陽’画面キャプチャー
朴帰任記者luckyim@tvreport.co.kr


チュンウォンのクマ3匹の動きはアドリブ。。ククク。。

なんか笑える~~

なんか硬かったような演技も




さっき書いた「の演技」のNEWS^^

大きな写真の記事があったので~~

俳優ソ・ジソプ(So Ji Sub)がソ・ジソプ(So Ji Sub)印カチルダルコム‘手まねホリック’演技で女心をひきつけている。

ソ・ジソプ(So Ji Sub)はSBS水木ミニシリーズ‘主君の太陽’(脚本ホンジョンウン-ホン・ミラン/演出ジンヒョク/製作ボンファクトリー)で傲慢放縦‘財閥男’チュ・ジュンウォン役を担って艶がないながらも,女心をホリックっせてロマンチックな面目(容貌)でテレビ劇場の‘ロコキング’で位置を占めた状況.
回を繰り返すほど視聴者らを‘ジソプ病’に陥るようにさせる呪術のような魔力と絶頂の演技力にテレビ劇場を揺れるようにさせている。

1379064419-36.jpg
1379064431-23.jpg
1379064442-61.jpg

これと関連してチュ・ジュンウォン役に完ぺきビングの,神がかりになったような演技をして出しているソ・ジソプ(So Ji Sub)が感じある手まね演技をお目見えする現場が公開されて,視線を集めている。
キャラクターに集中,自身が表現するチュ・ジュンウォンの感情状態をチェックしながら,そこに合致するリアルな手まね演技に対する練習を繰り返していること。
窮屈なスケジュールの中で撮影強行軍を継続しながらも,一寸のほつれなしでチュ・ジュンウォン役に没入しているソ・ジソプ(So Ji Sub)の姿が含んでいることだ。

1379064453-95.jpg
1379064467-44.jpg
1379064482-64.jpg

何よりソ・ジソプ(So Ji Sub)はセリフに合う‘手まね表現’を捜し出すために多彩な手動作を時々練習して研究している場所.
撮影場に到着して,撮影が始まる瞬間まで監督様と意見を交換しながら,手まねポーズを熱血練習するかと思えば,それとなく微笑しながら,両手を握って横に付ける可愛らしい‘げんこつ両頭’を演出するなど懇意でいたずららしい姿で現場を笑い海で作っている。

ドラマでカリスマあふれる財閥男チュ・ジュンウォンの姿とは全く違った,始終一貫愉快な姿で現場を笑い作るようにさせるソ・ジソプ(So Ji Sub)の気さくな魅力が現場を熱している。

1379064494-37.jpg
1379064506-59.jpg
1379064520-69.jpg

特にソ・ジソプ(So Ji Sub)は致命的なカチルダルコマン魅力を発散しながらも,カメラだけ帰れば圧倒的なサンナム者ポスに急変,繊細な手演技を加えながら,劇のモール入道を一層高めている。
現場のスタッフらさえソ・ジソプ(So Ji Sub)の手まねを見守りながらまねてみる“ため息しか出てこない‘級’が他の魅力だ。

同じ手まねなのに本当に違った感じ”とずっと賛辞を送っているという耳打ちだ。
ソ・ジソプ(So Ji Sub)の手まね演技に視聴者らはすでに‘純愛中毒症状’を訴えている状態.
視聴者らは“‘ソブルリ’の手まねに心臓がドキドキする。
見る時ごとにコシが強くなる気分!
”,“私たち‘ソガンジ’,やはり最高だ!
謹厳な表情で手まねする私の姿,オオこのように愛らしいのか!
”,“どんな星で来られますか?この時代最高の‘魅力ジソプ’二世です!
”と激しい支持を送っている。

1379064531-85.jpg

一方ソ・ジソプ(So Ji Sub)が出演するSBS水木ミニシリーズ‘主君の太陽’ 13回は来る18日午後10時に放送される。



★ポチッとな(●^o^●)
ブログランキングならblogram
スポンサーサイト



「主君の太陽」一夜のTV演芸&11話ベストシーン^^

主君の太陽
09 /13 2013
「主君の太陽」11話の良いシーン♪

11話でこのシーンは外せません




チョコンと座ってる姿が











「一夜のTV演芸」カンウ登場

カンウ頑張ってる^^



★ポチッとな(●^o^●)
ブログランキングならblogram

「主君の太陽」12話関連^^

主君の太陽
09 /13 2013
さっきまで昨日のB'zのライブの歌が頭の中をグルグル回ってたのが、主君12話を見て一気に飛んでしまいました。。

「主君の太陽」12話は過去最高視聴率19.3%
ヽ(*´∀`)ノオメデト─ッ♪


内容も今までで1番良かったです^^

<韓国ニュースより>

『チュ君のテ嬢』、ソ・ジソプが死ぬ?予想に反した展開に“お茶の間騒然”
2013/09/13(Fri) 13:27

172232_l.jpg


『チュ君のテ嬢』が、予想できなかった展開でお茶の間をショックにおとしいれた。

12日放送されたSBSの水木ドラマ『チュ君のテ嬢』では、テ・ゴンシル(コン・ヒョジン)を救おうとしてドライバーで刺されるチュ・ジュンウォン(ソ・ジソプ)の姿が描かれた。

ぶっきらぼうだったチュ・ジュンウォンは、自身のそばにいる“テ嬢”テ・ゴンシルのおかげで過去の傷を少しずつ克服し、2人の仲もだんだん深まっていった。テ嬢の部屋でゆっくりデートを楽しんだり、テ・ゴンシルのことを好きなカン・ウ(ソ・イングク)に嫉妬の火花を散らして警戒した。テ・ゴンシルの気を引くために死んだヒョヌの霊に童謡『熊が3匹』を歌ってあげたりもした。

しかし2人の幸せな時間は長くなかった。テ・ゴンシルをひき逃げ犯から救うためにカーセンターを訪ねて行ったチュ・ジュンウォンが彼女をかばって刺され、救急車で運ばれていく。手術の結果を待つテ・ゴンシルの前にチュ・ジュンウォンの霊が現れて「本当だね。君は太陽のように明るいね。俺は死んだのか?」と尋ね、「とてもくやしいが、君は俺を見ることができるからこの言葉を言うことができてよかった。テ・ゴンシル、愛している」と愛の告白をした後、消えた。

チュ・ジュンウォンの死が暗示されて『チュ君のテ嬢』の展開は迷宮入りした。果たして『チュ君のテ嬢』にどんでん返しはあることなのか、でなければこのままサッド・エンディングで結末をむかえるのか、成り行きが注目されている。





'主君の太陽'ソ・ジソプ,手の演技さえも級が違う

30000315435_700.jpg

俳優ソ・ジソプが目つきから手の演技まで賛辞を受けている。
ソ・ジソプはSBS水木ドラマスペシャル‘主君の太陽’(ホンジョンウン、ホン・ミラン脚本,ジンヒョク演出)で傲慢放縦した財閥男チュ・ジュンウォン役を担って,熱演中だ。

この中でチュ・ジュンウォンキャラクターに完ぺきに没入,神がかりになったような演技をして出しているソ・ジソプが感じある手まね演技をお目見えする現場が公開されて,視線を集めている。
自身が表現するチュ・ジュンウォンの感情状態をチェックしながら,そこに合致するリアルな手まね演技に対する練習を繰り返していること。

窮屈なスケジュールの中で撮影強行軍を継続しながらも,一寸のほつれなしでチュ・ジュンウォン役に没入しているソ・ジソプの姿が含んでいることだ。
何よりソ・ジソプはセリフに合う手・演技を捜し出すために多彩な動作を時々練習して研究している場所.
現場に到着して,撮影が始まる瞬間までジンヒョクPDと意見を交換しながら,手まねポーズを練習するかと思えば,懇意でいたずららしい姿で現場を笑いの海を作っている。

特にソ・ジソプは致命的な魅力を発散しながらも,カメラだけ帰れば圧倒的なカリスマに急変,繊細な手・演技を加えながら,劇のモール入道を高めている。
現場のスタッフらさえソ・ジソプの手まねを見守りながらまねてみる“ため息しか出てこない‘級’が他の魅力だ。
同じ手まねなのに本当に違った感じ”とずっと賛辞を送っているという耳打ちだ。

一方視聴率1位を強硬にしている‘主君の太陽’はケチで唯我独尊の社長チュ・ジュンウォンと陰気でインスピレーションが発達した女子職員テ・ゴンシル(コン・ヒョジン)が悲しい理由を持った霊魂らを違令するロコミック ホラードラマだ。
写真=51K


手がとっても綺麗なジソ^^
普通にしてても見とれてしまう~~




13話子役ちゃんの事務所かな?
TIエンターテーメントTwitterより

今夜SBS '主君の太陽'にク・スンヒョン君が前作SBS '君首ら'に続き久しぶりに視聴者らを訪ねて行きます。
撮影場でソ・ジソプ,コン・ヒョジン氏と一緒に取った写真なんです~


999760_716084215074444_189195373_n.jpg




1234304_10200740494370043_121517739_n.jpg
                              by Baidu


★ポチッとな(●^o^●)
ブログランキングならblogram

「主君の太陽」12話^^

主君の太陽
09 /13 2013
昨日はB'zのLIVE-GIMに行って来ました~~

B'zは今年25周年。。

京セラドームは超満員。
平日だというのにすごい人でした。
きっと週末はもっと人が多いと思います。

もう20年近く欠かさずコンサートに行ってます。
恒例行事です。

最初は旦那さんと。。そのうち息子と一緒に行くようになった。
今は息子は友達と行くようになりました。

お互い歳を取りました。
私よりお兄さんのB'zですが、いつまでも若くてかっこいい。
歌のうまさも素晴らしく、毎回行くたびにパワーをもらえるし行って良かったと思えます。

また次のライブも楽しみにしてます^^
575221_502895489802419_861172987_n.jpg


そして昨日はケニアに行ってたお兄ちゃんも無事に帰国。

関空に着いて1番の感想は「大阪は暑い><」
たしかに最近、暑さがぶり返して暑い~~~

土産話を聞いてて昨日は遅くなった(^_^;)



そして昨日の「主君の太陽」12話。

見た友達から「良かった~~」と。。
とにかく「早く見て~~」との司令がありまして。。笑

ネタバレ無しで見ました~~

笑いあり涙ありで良かったです♪

コンシルの家での出来事。。
チュンウォンがいきなり入って来たからコンシルは下着を隠したり、「カンウ」にいちいち反応するチュンウォンが面白くて~~

カンウのビールが冷蔵庫に入ってるのを怒ったり、カンウからのメールが読めなくて子どもたちを使って買収して読ましたり。。笑

そしてコンシルの手をずっと握ったまんまで寝かせてあげたり~~
優しすぃ~~~

こぐまの歌のシーンも面白かった~~
わざと下手に歌ったん?
演技?マジ?笑

今回の幽霊は子供。。
子供ネタには弱い。。
ダメダメ~~

そしてラスト。。
こんな展開になるなんて~~(T_T)

あの車修理の男、怪しかった~~
まさかチュンウォンが刺されるとは。。。


'主君の太陽'ソ・ジソプ,コン・ヒョジン-ソ・イングクに向かった嫉妬心'ごうごう'

2013091302513374_1_rstarbes.jpg

チュ・ジュンウォン(ソ・ジソプ)が嫉妬心を隠すことができなかった。
12日放送されたSBS水木ドラマ‘主君の太陽’(ホンジョンウン、ホン・ミラン脚本,ジンヒョク演出)ではコンシル(コン・ヒョジン)とカンウ(ソ・イングク)の間に嫉妬心を感じたあげく,誘致した行動をはばからないチュ・ジュンウォンの姿が描かれた。

この日初めてのデートを家に定めたことかと言い張りながら,頑としてコンシルの家に入ったチュ・ジュンウォンは,偶然にコンシルが自身の家冷蔵庫にカンウのビールを保管しているという事実を知るようになった後嫉妬心を隠すことができなかった。
さらにコンシルがビールを飲むカンウのそばでサイダーを飲むという事実を知るようになった後、嫉妬心がより一層燃え上がったチュ・ジュンウォンは"冷蔵庫も狭くてさく烈したのにカンチーム長ビールまで引き受けてくれる余裕なくはなくて?"と機嫌を損ないながら,カンウのビールを取り出そうとした。
だが再び置いておけと無関心にとがめたコンシル.

これにかっと怒ったチュ・ジュンウォンは意地悪い表情でカンウのビールをむやみに揺さぶりまくる誘致した行動をはばからなくて笑いをかもし出した。
また以後、家でビールを飲もうとしたが突然カンウのビールが浮び上がったチュ・ジュンウォンは"今日もカンチーム長とビールを飲んだのだろうか?"とつぶやく,直ちにコンシルの家に走って行った後ビールを任せにきたと堂々と明らかにした。

これにコンシルは当惑感を隠せなかったので,チュ・ジュンウォンはこれに関わらないまま自身の家の冷蔵庫にビールを入れる空間がないという理由を上げながら,カンウのビールを全部みな取り出した後、自身のビールを満たして入れる誘致した行動をもう一度お目見えして,笑いを加えた。

以後カンウと向き合ったチュ・ジュンウォンは"コシテルに残っている理由が何か"と追及したのに,カンウは"社長がこれ以上テ・ゴンシルに使い道がなくなる時まで待つ"と堂々と明らかにして,コンシルを間に置いた二人の男の神経戦に気がかりなことを集めることもした。


カンウにヤキモチ妬くところが面白くて~~
カンウのビールを思い切り振って冷蔵庫に入れたりしてたし。。
ヤキモチ妬く姿が可愛くて笑える^^




'主君の太陽'ソ・ジソプ,熊3匹熱唱'得意に得意に'

2013091301002371_1_rstarbes.jpg

チュ・ジュンウォンが自身も知らないうちにませてちゃっかりしている面目(容貌)を表わした。
12日放送されたSBS水木ドラマ‘主君の太陽’(ホンジョンウン、ホン・ミラン脚本,ジンヒョク演出)では一度に得意になって童謡を歌うチュ・ジュンウォン(ソ・ジソプ)の姿が描かれた。
この日コンリ(朴ヒボン)と一緒に道を歩いたコンシル(コン・ヒョジン)は,偶然に道の真ん中で切なくビラを配りながら失踪した自身の子供を探す憔悴したおばさんを見るようになった。

だがすでに子供は死んだところ。
コンシルはママのそばでそわそわしている子供の霊魂を見ながら,胸痛く感じた。
以後コンシルは子供がどのように失踪したのか調べてみるために,先にいっぱいおびえた子供の心を安心させようと努めた。

これに三人の男の助けを受けることにしたコンシル.
チュ・ジュンウォン,カンウ(ソ・イングク),キド(崔ジョンウ)に子供の霊魂が自分らがある空間に一緒にいるという事実を用心深く説明したコンシルは,子供のために子供が好きな歌の'熊3匹'を歌ってと求めた。

だがこのようなコンシルの前に渋い表情を隠すことも出来ないチュ・ジュンウォン.
反面,カンウとキドはしばらく迷ったが,すぐ全く真剣に'熊3匹'を歌い始めた。
これにチュ・ジュンウォンは耐えて歌について歌い始めたのに,固くかたい表情でやむをえず歌を歌ったチュ・ジュンウォンは,いつのまに自身も知らないうちに楽しく歌を歌っていた。

そうするうちにいつのまにませてちゃっかりしている律動までお目見えしたチュ・ジュンウォン.
いっぱい調子にのったチュ・ジュンウォンは,カンウとクィドが歌を終えたのに、楽しくこらえないで,自身一人で律動に合わせて歌を歌う"やめて下さい"というキドの打撲を受けて,笑いをかもし出した。

一方この日放送の末では子供を殺した犯人とぶつかって,危機状況をむかえたコンシルを救おうとしたが,代わりに深い傷を負った後、病院に急いで移送されたチュ・ジュンウォンの姿が描かれて,チュ・ジュンウォンの生死の有無に対する気がかりなことが高まっている。





'主君'ソ・ジソプ,2人のハン・ボルムとつきあったか'ソムトゥク'

201309130058331610_1.jpg

ソ・ジソプを乗っとった犯人の正体が明らかになった。
9月12日放送されたSBS水木ドラマ‘主君の太陽’(脚本ホンジョンウン、ホン・ミラン/演出ジンヒョク) 12回ではチュ・ジュンウォン(ソ・ジソプ)を乗っとってチュ会長(キム・ヨンゴン)からネックレスを受けた人が直ちにチャ・ヒジュ(ハン・ボルム)の双子姉妹とは事実があらわれた。

この日テ・ゴンシル(コン・ヒョジン)はチュ・ジュンウォンに“ヒジュ氏が前に私のからだを借りて入ってきた時,何の話したか。
とてもぞっとする話をしたか”と尋ねたしチュ・ジュンウォンは過去の記憶を想いうかべた。

死んだチャ・ヒジュはチュ・ジュンウォンに“だまされたのではない。
君が以前の君にまた戻ったら良い。
愛している”と話したところ。
引き続きテ・ゴンシルは“会長様がカンウ氏(ソ・イングク)にチャ・ヒジュ氏に対する新しい情報を残しておいて行ったというが確認してみたか”と尋ねたし,チュ・ジュンウォンは“関心なくて,尋ねなかった”とした。

テ・ゴンシルは“そうしなくて分かってみなさい”と催促したし,チュ・ジュンウォンはカンウを呼んで“お父さんがしようとしていた言葉が何だったのか”と尋ねた。
カンウは“会長様はチャ・ヒジュ氏が生きていると考える。
ヨーロッパで発見した写真の中の女はアガサクリスティの熱血ファンとしウォグレイブという名前を書いた”として写真を見せた。

アガサクリスティは過去チュ・ジュンウォンが拉致されて読んだ本の著者でありウォグレイブはその本の中の犯人.
チュ・ジュンウォンは“ヒジュは孤児であった。
ヒジュに双子姉妹がいたことなのか?それがヒジュが守ってくれようとしていた共犯だったかけているか?”と反問した。
引き続き恋愛時期自身に愛をささやきながらも時々全く違う人のように冷たく恐ろしくふるまったチャ・ヒジュの姿を思い出させた。

チュ・ジュンウォンのそばには本当にチャ・ヒジュとチャ・ヒジュの振舞いをする双子姉さんがいたかも分らないこと。
そして画面はチュ・ジュンウォンが拉致されてチャ・ヒジュが事故に遭った日の状況でオーバーラップされたし,犯人は予想通りチャ・ヒジュと同じ顔をしている女性だった。
女性は遠くからチャ・ヒジュが火に焼けて死んでいくのをながめながら背筋が寒くなった微笑するとみられた。
(写真=SBS水木ドラマ‘主君の太陽’キャプチャー)
朴ソンジsunsia@


やっぱり双子?
本人が生きてたならコンシルがヒジュの幽霊を見ていたのはおかしいってことになるけど。。
この部分の謎はこれから解明よね。。




続く。。



続きを読む

chiki

蘇志燮、B'z、X JAPAN、BIGBANGが好きです♪ヨガや楽しいこと大好き♡