FC2ブログ

「主君の太陽」12話メイキング^^

主君の太陽
09 /25 2013
もうすぐ「主君の太陽」14話~~

その前に12話のテヤンの泣きのシーン・メイキング^^

飾ることもなくわんわん泣くテヤンの姿。。

これこそ女優

[メーキング]コン・ヒョジンの佗びしい嗚咽延演技見る終始胸が痛くて..

死ぬようになったチュ・ジュンウォンの姿に絶叫しながら,嗚咽するテ・ゴンシル,視聴者らまで暴風涙を流しながら胸が痛くさせた場面でもありますよ..メーキングで会うのでさらに胸が痛いですね







主君の太陽'ソ·ジソブ(So Ji Sub) -コン·ヒョジン(Kong Hyo Jin) -ソ·イングク(Seo In Guk) -キム·ユリ(Kim Yu Ri)、'4人4色'行き違った愛の方法'注目

"主君の太陽 'ソ·ジソブ(So Ji Sub) - コン·ヒョジン(Kong Hyo Jin) - ソ·イングク(Seo In Guk) - キム·ユリ(Kim Yu Ri)など主演俳優4人の4つの愛の方式が注目を集めている。

SBS水木ミニシリーズ '主君の太陽'(脚本ホン·ジョンウン - ホン·ミラン/演出ジンヒョク - グォンヒョクチャン/制作ボンファクトリー)は、最初の放送から、同時間帯視聴率1位を占めて水木ドラマ独走行進を続けている状況。 特に、 "主君の太陽"主人公たちの行き違ったラブラインが物悲しく描かれており、視聴者は残念混じった好奇心をのぞかせている。



何よりもソ·ジソブ(So Ji Sub) - コン·ヒョジン(Kong Hyo Jin) - ソ·イングク(Seo In Guk) - キム·ユリ(Kim Yu Ri)など、 "主君の太陽" 4人組は、さまざまな方法で自分の愛を伝えている。 誰かを熱烈に愛するという共通点を持っているが全く別の行動で自分だけの魅力を発散して可愛いキャラクターを表現している。

※ソ·ジソブ(So Ji Sub)。 自然なミルダン、生まれつきの悪い男の気質...隠された恋愛上手チュ・ジュンウォン!


ソ・ジソプ(So Ji Sub)は意図でない‘ミルダン’と‘悪い男’魅力で愛する女をひきつけている。
劇中チュ・ジュンウォン(ソ・ジソプ(So Ji Sub))はテ・ゴンシル(コン・ヒョジン(Kong Hyo Jin))を愛するが過去の傷によってテ・ゴンシルをずっと押し出してきた状態.

自身がテ・ゴンシルが好きな事実を認めてもフィアンセを連れて登場したり,好きだと告白した後越えてくるなという警告をするなど強力な‘ミルダン’をお目見えした。
だが同時にテ・ゴンシル周辺の男らには強い嫉妬心を表わすかと思えば,決定的瞬間には心よりサランを告白する姿で相手方の心を聞いて置いてする‘悪い男’の魅力をろ過なしで見せている。



※コン·ヒョジン(Kong Hyo Jin)。 必死に打ち込むしかなくて、より切ない愛の主人公テ・ゴンシル!



悪い男ソ·ジソブ(So Ji Sub)の魅力にすっかりはまってしまったコン·ヒョジン(Kong Hyo Jin)は、 "新·キャンディ"の独特の愛を示している。 劇中テ・ゴンシルは童話の中のキャンディーの美しい愛の物語とは異なり、生存のためのすさまじさの中に芽生えた愛を見せている状況。 他の人々にお金の王子チュ・ジュンウォンについたキャンディーのように見えるのが悲惨で、チュ・ジュンウォンが浴びせる毒舌でプライドが傷みもありますが、それでも愛する人であり、一つだけの "防空壕"チュ・ジュンウォンに打ち込むしかない切ない愛を示している。 あらゆる逆境と苦難にも絶えずチュ・ジュンウォンに近づいたテ・ゴンシルは、最終的に心の門を堅く閉めてしまったチュ・ジュンウォンさえ恋に落ちるようにした。

※ソ·イングク(Seo In Guk)。 眺めてくれて、守ってくれて、包み込んでくれる頼もしい純情男カンウ!

ソ·イングク(Seo In Guk)は、眺めてくれて守ってくれる頼もしい '純情'愛の方法を選んだ。 劇中のカンウ(ソ·イングク(Seo In Guk))は、テ・ゴンシルを愛しているが、テ・ゴンシルがチュ・ジュンウォンを愛することを知っているので静かに見守っている。 黙々とそばを守っているが傷ついたテ・ゴンシルを慰労したり、ボディガードを自認するなど、自分の愛よりもテ・ゴンシルのためになっている純粋な愛を示している。

※キム·ユリ(Kim Yu Ri)。 愛の前にはトップスターのタイトルも捨てることができます! 唐突 '勝ち取る女'テ・イリョン!



キム·ユリ(Kim Yu Ri)はよどみなく突進する "ブルドーザー"のような愛を示している。 劇中のカンウに一目ぼれしてしまったテ・イリョン(キム·ユリ(Kim Yu Ri))は、高慢なトップスターのイメージも捨てて、カンウに向かって積極的な愛情攻勢を繰り広げている。 毎回拒絶されるが、絶えずデートを申請するかと思えばけって出た後にも引き続き自身の心を告白する熱情を見せていること。
特に鼻っぱしら高いテ・イリョンがカンウの前ではあるなしで自身を低くする姿が描かれながら,カンウに対するテ・イリョンの真心を推察するようになった。

発行元ボンファクトリーは、 "'主君の太陽"主人公4人衆の交錯したラブストーリーと愛の方式に多くの関心が集まっている "とし、"最後に向かっている "主君の太陽'でソ·ジソブ(So Ji Sub) - コン·ヒョジン(Kong Hyo Jin) - ソ·イングク(Seo In Guk) - キム·ユリ(Kim Yu Ri)の愛がどのような結論を結ぶようになるのか期待してくれ "と明らかにした。

一方、去る19日放送されたSBS '主君の太陽 "13回分放送末尾には、チュ・ジュンウォンがテ・ゴンシルに関する記憶をすべて失ってしまってテレビ劇場を切なくした。テ・ゴンシルを目の前で見ても覚えていないチュ・ジュンウォンとそのチュ・ジュンウォンのそばを離れようと決心したテ・ゴンシルの姿が描かれ、25日(今日)放送される14回への関心を高めた。





★ポチッとな(●^o^●)
ブログランキングならblogram
スポンサーサイト

chiki

蘇志燮、B'z、X JAPAN、BIGBANGが好きです♪ヨガや楽しいこと大好き♡