FC2ブログ

ジソブ★「ただあなただけ」語り切れなかった話^^

ただあなただけ
12 /05 2011
メロー映画に初めての挑戦したソ・ジソプの‘ただあなただけ’語り切れなかった話

俳優ソ・ジソプがメロー映画に出演した。
暗い幼年時期を送った後,心を閉じて生きるボクサー出身の男チョルミンと突然な事故で視力を失われる女ジョンファの美しくて悲しいラブ ストーリーを描いた‘ただあなただけ’で彼は特有の濃い感性を爆発させながら,男の熱い涙を見せる。
サランを守るために自身の全てのものを投げるチョルミンをついて行って見たらその中で本当にソ・ジソプが見られる。
チョルミンに会って,チョルミンと共に,チョルミンになって,本当にサランを悟っていったソ・ジソプが聞かせてあげる150余日間の記録.


20111129172510_1_sjiseb1.jpg

Story #1出逢いと別れることそして思い出
ある日突然チョルミンが私の人生にぐっと入ってきた。
その役割のために準備して,悩んで,撮影してそして撮影が終わって,チョルミンが観客に会う瞬間まで私にチョルミンはサランの対象で,苦痛の対象であり,ソ・ジソプそれ自体であった。

初めての挑戦したメロー映画で私は‘演技’というものに対してとてもたくさん考えるようになったし,本当に上手にしてしたくて,私が持った全てのものを吐き出した。
撮影末になりながらはストレスが激しくなることもした。
私が演技が上手になっているのか,技巧だけ働かせていることではないか….
他の人々はみなだませても私自身だけはだませない。
当分メローは大変なようだ。

だが今回の映画はインスタント社会に染まっていきつつあったソ・ジソプにチョルミンに会うようにすることによって‘サラン’が何か記憶するようにしてあげた。
サランは美しい姿裏面に配慮,犠牲,苦痛が隠れているという気がする。
条件ない無条件的なサランがますます不可能な年齢に成っていきながら‘サラン’を失って生きた私に,張チョルミンは映画を通すことで本当に愛することができるようにしてくれた。
長い時間,徹底した準備,そしてとても多くの人々が各自の分野で参加した多様な作業,その全てのものらが一つがよがる方の映画が誕生する。
それで映画を総合芸術というようだ。

ただ映画をスクリーンで二時間ぶりに見て終了にはとても惜しくてさびしい。
観客らはスクリーンで映画を見ながら,映画の内容により笑って泣くだろうが映画を作った,映画に参加した俳優やスタッフらは一般観客らが想像しにくい大きい課題で涙を流したりもする。
その多くのお話がやっと一時間半,二時間ぶりにみな表現されるか….

初めて映画を見た日,記者会見を控えて記者試写会を見ながら,思わず涙ぐんだ。
まだ精神が戻らないからなのか記者会見をどのように終えて出てきたのか思い出さない。
映画をまた見ても,またまた見ても涙が出る。
毎度のような場面で泣くことではない。
観客らが皆笑う場面で私がなぜ涙が出るかは何と言葉で説明することは難しい。
もう送るべきなのに送りたくない。
チョルミン,行くな….
君が見たい時,いつでも取り出せるように,永遠に私の胸中にあって….

Story #2作品を決定して出て,夜明けに敬けんな気持ちで祈祷をした。
何も祈らなかった。
ただよく面倒を見ろということ外には….
初めて‘ただあなただけ’のシナリオを受けたのは2009年9月だ。
その時なぜシナリオを断ったのかは思い出さない。
そのようなある日,その‘ただあなただけ’がまた私を訪ねてきた。
3日,ぴったり3日だった。
私がチョルミンになることに決心するのにかかった時間は。


20111129172510_2_sjiseb2.jpg

初めての撮影を控えて契約書に印鑑を押した。
今回の作品には私が直接いちいち印鑑を押してみた。
さらに敬けんになる気持ちだ。
責任感に肩がさらに重い。
本当に開始だな。
そして一週間後,コンテが出てきた。
現実的に視覚障害を持った女にほれて,命を捧げるほど愛に陥るのが可能かとの話が出てきた。
皆オ!
少しの間悩み,私も少しの間悩み.
だが結局サランには理由がないという結論が出てきた。
ジョンファの役割には女優ハン・ヒョジュが決定された。
女優が決まったら皆活気があふれる。


20111129172510_3_sjiseb3.jpg
所属会社家族らが映画クランクインを祝って買った服.
‘ただあなただけチョルミン’と打ち込んでくれといった。
私が本当に現場に着て行くことだと考えできないだろう?毎日着て行くことだから!
私はチョルミンであるから。

ところで私は台本リーディングをよくできない。
セリフを覚えないで読むばかりである演技をよくできない。
はなはだしきは新人時はオーディションを拒否したこともある。
“監督様,リーディングは何簡単にします。”今考えればあえて新人がオーディションを見ないといったので….
そちら側ではちょっとあきれたことも同じだ。


20111129172510_4_sjiseb4.jpg

Story #3私はいつ頃ならば撮影場行く時、震えないだろうか?すでに10年越えるようにする演技だが,撮影は常に震える。
それでも思ったより天気が良くて,初めての撮影感じが良い。
撮影始めて初めにはウォーミングアップ次元でちょっと安らかな場面や感情演技が必要ない場面で選んで,スケジュールを捉えてくれる。
映画撮影開始後、何日が過ぎたが,セリフがまだない。

始める前にシナリオを十分に研究できないような強迫感のためなのか,撮影中にもチョルミンはどんな性格であろうかずっと考えるようになる。
シナリオのチョルミンは非常に暗くて無愛想な性格なのに,初めから最後まで暗くて地味な性格で見られないだろうか心配になる。
それで暇さえ出来れば監督様とチョルミンの性格に対して話した。


20111129172510_5_sjiseb5.jpg
20111129172510_6_sjiseb6.jpg
チョルミンはジョンファと愛するようになりながら金を儲けるためにまた体育館に訪ねて行く。
運動を始めて,格闘技選手になるための準備をするチョルミン.
撮影をするのか運動をするのか….

Story #4

20111129172510_7_sjiseb7.jpg
映画ほとんど一番前に入るシーン.
周辺に見物する人々がちょっと追い込まれたのに,演出部では自動で補助出演が多くなるとし好きだ。
うっかりして映画に出演してもまだ知らずにおられる三成洞(サムソンドン)住民皆さん,ありがとうございます!

ジョンファをおばあちゃんの家連れてあげる。
息を息を弾ませながら….
ジョンファが何の男がそのように力が弱いかと,ところで要請するが加えてもかまわないかと尋ねる。
本来シナリオでこの部分のチョルミン大使は“ア,私できません。
分からない”だったが,そのままあわてる表情で階段に座り込んだ。
アドリブで“ア,私が本来体力がちょっとなるのに階段がとても多くて…”といったところ現場がパンさく烈した。
映画にどのように編集されて入るのか非常に気になった。
ア,ところで男が女ちょっと背負ったとそんなに大変だとおおげさな態度吸ってだから….


20111129172510_8_sjiseb8.jpg
ジョンファの家、ベランダ排水口で水が降りて行かないのでチョルミンが排水口蓋を開けて手を差し込んで詰まっていた何か取り出す場面.
事実監督様は排水口に詰まっていたことを‘熊石が帰宅走ったパンツ’でしようといっていた。
シナリオを見て皆“好み特異だね”として一言ずつした。
“20代後半女がそのような下着を着るか?監督様のあの確信は何か?率直に話してみて下さい。
監督様経験談でしょう?”やはりそうした。
現場で監督様が認めた。
それではそうとも….
だがまさに映画では熊石がパンツでないリス パンツに変更された。

20111129172510_9_sjiseb9.jpg
ア….
恋愛をするとこのようだろうしたかった。


20111129172510_10_sjiseb10.jpg

Story #5週差ボックスの初めての印象は私の予想と違った。
映画がこうしたのね….
文と説明されているのを実際に目で見れば想像したことと違う。
ここで本当にチョルミンが見られるシーンが始まる。
チョルミンとジョンファの初めての出会いが始まって,サランが芽生える。
それだけ重要な場所だ。
これは私だけでなくすべてのスタッフと監督様にも同じだった。
それで最後まで決定できなくて悩んだ場所だ。


20111129172510_11_sjiseb11.jpg

Story #6感情がよく捕えられるべきなのにやさしくなくて一人で駐車場隈をしばらくそわそわした。
突然酒に酔った町内おじさんらがサインしてくれと走り込んだり,中学生子供一人は寒いが家に行かなくて見物していて,サインしてあげて肩たたいてくれた後,はやく入れと送った。
ところで最後まで行かなくなっていて,非常に痛ましかった。
この日撮影は明け方5時ができて終わった。


20111129172510_12_sjiseb12.jpg

Story #7映画で最も危険なシーン.
とても緊張する。
ひとまずリングにのぼればみなおす時まで撮影することにして始めた。
だが思ったより容易ではなかった。
本来は代役がいるといったし,実際現場に代役もきたのにどのようにしてもカメラの前で代役を使って撮影するのは不可能だと見られた。


20111129172510_13_sjiseb13.jpg
チョルミンが体育館で運動中、嗚咽しながら,サンドバッグを打つ。
今回の映画でチョルミンの初めての感情シーンだった。
カット音がしても込み上げたなくことが終わらなくて長らく座っていたし,監督様が静かに来られて,などに手をのせて下さった。

撮影しながら,初めて誰かに力が押されるというのを実感した。
数回にかけて,撮影したのに,それでも大きくケガしないで無事に終えた。
だが最後の発車期.
これが容易ではなかった。
いくらしても….
いくら車道の絵が正しく出てこない。
一度に打ち倒すべきなのに,代役も使うことができなく,それでも本当にけることもできなくて….
撮影をしてみるならば人を殴ったり合ったりもするのに,合った時は痛くても足を伸ばして寝れるが殴るシーンを撮った時は事実心がとても重い。

何度も殴るまいと一度に試みてとても科するようにアクションが出てきたり,緊張して,失敗をしたりもして….
撮影は無事に終えたが全身は満身瘡痍.
足がみなはれて世間ずれしていて,運動靴をまた履けなかった。
このように体力が二日ぶりに底に落ちたのは初めてだった。
今まで人造人間チョルミンだと呼んだ監督様がニックネームを変えてやられた。
“オイ,チョルミンも放電になるんだな。
もう放電チョルミンだ。
君たち,携帯電話充電器どこだ?チョルミンに充電ちょっとさせてあげろ。”


To.ソ・ジソプ
初めてソ・ジソプに会う前,私の想像の中のソ・ジソプは張チョルミンが持っている重たさ,1人の女性のために犠牲にして喜んで命まで出しそうな男でした。
実際ジソプ氏を初めて会ってみるので思ったより皮膚が白くてとてもダンディーと洗練された人でした。
その上初めて質問が“監督様,現場で悪口上手にしますか?”と尋ねますよ。
何の理由があるか?考えましたよ。
分かってみるとののしる人,特に現場でののしる監督が好きでないといったよ。


20111129172510_14_sjiseb14.jpg

ジソプ氏はとても徹底して準備された状態で現場に出てきます。
チョルミンというキャラクターもジソプ氏が明るく行こうと提案しました。
シナリオ上で事実とても重かったんですよ。
ちょっとユーモアが可能なシーンシーンでコミカルな場面らを入れることにしたのにびっくりするほどジソプ氏は心が開いていました。
準備も良くしてきたし,観客らを楽しくするための準備ができていたし,良かったです。
ジソプ氏は夢と熱情が多い人でした。
特に安定した演技を見せたのにそれ以上を跳び越えられるエネルギーがありましたよ。
そのエネルギーを外で表現しなくても中にぴったり握っている力がありました。
現場でニックネームをたくさん作ってくれたのに‘臭いチョルミン’,‘汗チョルミン’,‘人造人間チョルミン’,最後の格闘技シーン撮影後‘放電チョルミン’になりましたよ。

現場でジソプ氏はいたずらっ子本能があります。
ジャンケンもとても上手にします。
絶対負けません。
負けた人がコーヒー買いの賭けをしたりしたのに,コーヒー買いたくてわざっと負けたといいますよ。
本物なのかしたいほどジャンケンが上手でした。
私は彼の見られない壁のためによそよそしいことと考えたのに,会えば会うほど彼を好きになりました。
風ならば本人が難しいことでもうれしいことを近い人々ともう少し分ければいいですね。
苦痛も喜びも….

それでは笑うことがさらに多くなりそうです。
プロとしての完ぺきなことは尊敬と賛辞を送りたいほどです。
私たちの映画はジソプ氏の献身のおかげさまで無事によく終わったと考えます。
ただし自分自身をとても疲れささなかったらいいですね。
真の自由は均衡だと考えます。
もちろん分かって,よく訪ねて行きますが。
人生にとても少しでも余裕があったらいいですね。
それでこそさらに楽しく‘人間ソ・ジソプ’で買えないでしょうか?タイ撮影中とても少しの間“ア,私がこういう好事をみな享受するよ”と話すのを聞きました。
本当にとても少しの間の休息日だけだったのに非常に幸せだと見られました。
そのような瞬間を彫金ずつでも増やして、1日に一度でも心が平和を享受できたらいいですね。
ファイティング!
From.ソン・イルゴン監督


監督から嬉しい言葉。。
いい人っていうのがよくわかります。。

汗チョルミンはわかるけど、臭いチョルミン。。笑
汗をかきすぎて臭かったんでしょうか?@@
想像できないけど。。

初めてのメロー映画で役柄的になりきって演じるのが辛かったようですね。。
次の映画の撮影がすぐ始まったから、上手く気持ちが切り替えられたと前にインタビューで答えていましたね。。

ホントは2009年9月にオファーが来たって。。
一旦は断ったけど、今回は
タイミングってあるもんね^^

いろんな秘話がありますね。。

この記事、韓国のニュースから持ってきましたが、エッセイ集に書かれているものだそうです。

日本語版のフォトエッセイ集、読んでみたい。。





VIVIEN-Wallpaper

vivien2011-12.jpg
vivien2011122.jpg

ダウンロードはこちら
★VIVIEN-wallpaper
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

きゃ~~~!

日本で発売されたら絶対買いたい~!
どんな気持ちで撮ったかとか
いろんなエピソードが知りたいです^^

もう二度と一緒に仕事をしたくないって思った監督や
共演者も過去にいたんでしょうね~。。。
イルゴン監督は、本当ににこやかで気さくな感じで
良かった、良かった^^
ユーモアがあって、ニックネームも映画を見れば納得です^^

撮影に入る前、入ってからの気持ちがこれだけ読んでもすごく伝わってきます。早く本も読みたいし、見たいし、字幕つきの映画も早く観たいです!やっぱり3月公開なのかなぁ。

コマスミダ~(^.^)

最初の方電子辞書と格闘しながら訳してみたけど
時間がものすごくかかったよ(-_-;)

調べてくれて助かります
ありがたいよ~(┰_┰)

写真だけでも楽しめるけど、やはり文字を読む事で
深く理解できるね

映画は見てないけど、日本に早く来ないかな~~~。

chikiちゃんありがとうね^^
色んな更新楽しんで見ています。
頑張ってね!

ぼけちんさん^^

日本版、翻訳付きで読みたいね~~
私は映画もまだ見てないから、映画を見てからということで。。

納得するようなニックネームなの?
そこも見てチェックしたいな~~v-222

チッチさん^^

チッチさんも映画を見られているので、余計に入りやすいでしょうね~~^^

字幕付きで見たいですね~~

楽しみに待っています。

saraさん^^

おひさです~~
体調は大丈夫ですか?

韓国版を買われて、自力で翻訳されていたんですね~~
エライv-218

一部だし、翻訳機にかけただけ。。(; ̄ー ̄A アセアセ・・・
恐縮ですv-356

こちらこそ、いつも☆^ヽ(*^-゚)vThank you♪v(゚∇^*)/^☆

chiki

蘇志燮、B'z、X JAPAN、BIGBANGが好きです♪ヨガや楽しいこと大好き♡