FC2ブログ

「幽霊」9話視聴率^^

幽霊
06 /28 2012
昨日の「幽霊」視聴率^^

ほぼ毎回よく似た視聴率で推移してますね。。


『カクシタル』水木1位を守る…『カクシタル』&『幽霊』↓、『I do I do』↑
2012/06/28(Thu) 10:59

151591_l.jpg

KBS第2の水木ドラマ『カクシタル』が水木ドラマ1位を守った。

28日、視聴率調査会社AGBニールセン・メディアリサーチによると、27日の『カクシタル』は全国基準視聴率14.8%を記録し、先週の放送(15.5%)より0.7%が下落した。だが、この日の『カクシタル』は、小幅下落したものの水木ドラマ1位の座を堅固として守り抜いた。

同時間帯のSBS『幽霊』は、先週の放送(11.2%)より0.1%が下落し、視聴率11.1%で『カクシタル』の後を追っている。MBC『I do I do』は視聴率9.2%を記録した。

この日の『カクシタル』は、シュンジ(パク・キウン)がカクシタルを捕まえた手柄が認められ、鍾路警察署警部に任命された。カクシタルを被ることを決意したガンド(チュウォン)は、シュンジが警察になったという事実を知り、これからを不吉に感じる。一方、カクシタルの再登場に朝鮮の人たちは興奮しながら歓喜し、シュンジは窮地に追い込まれる。






ソ・ジソプ、無欠点演技の秘訣?“よれよれ台本への愛”
2012/06/28(Thu) 11:21

151592_l.jpg

ソ・ジソプの無欠点演技の秘訣が公開された。
SBSの水木ドラマ『幽霊』で警察庁サイバー捜査隊のメインサーバーキム・ウヒョン(実はパク・キヨン)として熱演を繰り広げているソ・ジソプは、毎回完ぺきな演技で視聴者たちの心をとらえている。

ソ・ジソプの完ぺきな演技の裏にはリアルなキャラクター演技のために一時も台本を離さずに練習に練習を繰り返す努力が隠されていた。ソ・ジソプは几帳面に台本を検討して覚えるのはもちろん、監督との対話を通じてディテールな部分まで生かしてスキのない演技を披露するために努力を惜しまないでいる。

実際にソ・ジソプは台本がぼろぼろになるまで見ながら練習して、演技の集中度を高めるために休み時間にも緊張を解かずに実際の撮影のように待機していることが分かった。それだけでなく自身の撮影分ではない時にも他の俳優たちが演技する姿を見守って相手俳優の演技スタイルを熟知するなど演技の息を合わせるために配慮している。

『幽霊』のある関係者は「ソ・ジソプは何でも手を抜くことがない。ワンシーンを撮ってもまるで本人がキム・ウヒョンとパク・キヨンになったように最善を尽くしている」とし、「このようなソ・ジソプの姿が完成度の高いドラマを作るのに大きな貢献をしている。ソ・ジソプと一緒に仕事しながらとても満足感を感じます」と話した。

一方『幽霊』はどんでん返しを繰り返すストーリーで視聴者の好評を得て水木ドラマの王座を狙っている。 [写真=51K]


さぁに入って準備しよう^^
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

chiki

蘇志燮、B'z、X JAPAN、BIGBANGが好きです♪ヨガや楽しいこと大好き♡