FC2ブログ

「幽霊」10話パート2^^

幽霊
06 /29 2012
今日は暑そう~~><

ホッチリ30日発売だと思ってたら28日発売になってた~~
今日、週刊朝日と一緒に見てこよう。。
ジソチングとランチしてきます♪

HOT CHILI PAPER Vol.71(DVD付)
51HCDn9ueML__SL500_AA300_.jpg

表紙:ソ・ジソブ
裏表紙:John-Hoon

★ソ・ジソブ アナログな純愛に生きる男
朴訥な元ボクサーが出会った運命の愛──映画『ただ君だけ』
ヒロインのハン・ヒョジュとの美しいラブシーンも必見!
「自分さえ知らない自分をスクリーンの中に見つけることが俳優の喜び」
そう語るソ・ジソブの“純愛”ロングインタビュー





ユリョン’ソ・ジソプ,殺人事件真犯人‘オム・キジュン把握’

201206282234140410_1.jpg

ソ・ジソプがナム・サンウォン代表殺人事件の真犯人を感づいた。
金ウヒョン(ソ・ジソプ)は6月28日放送されたSBS水木ドラマ'幽霊'(脚本金ウンヒ/演出金ヒョンシク,朴シンウ) 10回でナム・サンウォン代表殺人事件の真犯人を探すために孤軍奮闘した。

この日放送で金ウヒョンはユ・ガンミ(イ・ヨニ)に"ナム・サンウォンが死ぬ前に自身のノートブックをウヒョンに送った。
そのノートブックに殺人事件の真犯人を捉えられる決定的糸口が入っている。
はやく探さなければならない"と話した。
ユ・ガンミは"明日ナム・サンウォン代表死体の解剖検査が始まる。
解剖検査が正しくなされれば誰がそしてなぜナム・サンウォンを殺したのか明らかになる"と明らかにした。

引き続きナム・サンウォン死体の解剖検査結果が警察庁サイバー捜査隊1チーム事務室に伝えられた。
公開された解剖検査鑑定書にはアジファナトリウムによる他殺だと記されていた。
金ウヒョンは"アジファナトリウムは個人に販売されない危険物質で青酸カリに準ずる毒性を持っている。
企業に工業用にだけ販売される。
自動車を生産するセガングループならば搬入が可能だ"と説明した。

ナム・サンウォンの運転手は"見なかったことにすればお金を与えるといった。
その日からセガングループ関係者が私を盗聴して尾行した。
絶えず監視した。
ヘミョンリゾート12号でナム・サンウォンが殺害された"と証言した。
だが金ウヒョンは"ナム・サンウォン運転手の証言が疑わしい"として殺人事件容疑者で捕まってきたチョ・ジェミンの自白を聞き始めた。
チョ・ジェミンの告白によれば自身が殺人現場に到着した時,すでにナム・サンウォン代表は亡くなって,床に倒れていた状態であった。
チョ・ジェミンは自身がナム・サンウォンを殺していないことにもかかわらず,不法秘密資金が坦路出るか恐ろしくて,運転手を買収してナム・サンウォン夫人を査察した。

だが分かってみればナム・サンウォン代表殺人事件の真犯人はセガングループ代表チョ・ヒョンミン(オム・キジュン)だった。
チョ・ジェミンよりさらに多量の金でナム・サンウォンの運転手を買収しながら,事件を隠したこと。
その間金ウヒョンはチョ・ヒョンミンが真犯人という推測下に捜査を進行してきたが明確な証拠を確保できなかった。
このような事実をぼんやり把握した金ウヒョンは"チョ・ジェミンが犯人ならば私の名前を知らないはずがない。
真犯人はチョ・ジェミンでない。
すべての証拠らがチョ・ジェミンを示しているけれどこのような状況がより一層怪しい。
誰か汚名をかぶせているのが明らかだ。
犯人が流す証拠に警察がもてあそばれた"と話して,視聴者らの緊張感を高めた。(写真=SBS水木ドラマ'ユリョン'キャプチャー)
ファン・ヘジンblossom@





'幽霊'ソ・ジソプ,警察庁内部スパイ分かった..'怒りの疾走'

201206290733770673_1.jpg

SBS水木劇'幽霊'のソ・ジソプがいよいよサイバー捜査チーム内部に隠れている闇の背後勢力を明らかにして'怒りの疾走'を始めた。
ソ・ジソプは28日午後放送された'幽霊' 10回分でファントムの正体を明らかにできるナム・サンウォン代表のノートブックを横取りしたクォン・ヘヒョを追って'息が詰まる追撃戦'を繰り広げて,視聴者らを緊張させた。

この日放送ではキヨン(ソ・ジソプ)が・ヒョクジュ(クァク・トウォン)の牽制でCK電子ナム・サンウォン代表殺人事件捜査で排除されて,一人でCK電子ナム・サンウソン代表がウヒョンに残したというノートブックの行方と警察内部に隠れている闇の背後勢力協調者を明らかにしていく過程がスピーディーに展開した。

キヨンは闇の背後勢力真犯人を捉えるためにはナム・サンウォン代表がウヒョンに残したというノートブックを探さなければと判断,ガンミ(イ・ヨニ)と一緒に昨年5月16日ナム・サンウォン代表とウヒョンの行跡を隅々まで調べ始めた。

幸いキヨンはナム・サンウォン代表がすべての真実が入れられたノートブックをウヒョンに渡すためにウヒョンのお父さんと息子が住んでいる楊平(ヤンピョン)家に寄って行ったという事実を知ったし,急いで,ノートブックを探すためにウヒョンの楊平(ヤンピョン)家へ向かった。

キヨンはウヒョンの楊平(ヤンピョン)家に到着するやいなや自身をウヒョンで知っている家政婦に"ちょっとお尋ねすることがあります。
昨年にここにきたお客さんのためにきました。
5月16日頃でした"と話しながら,暗にナム・サンウォン代表の行跡に対して尋ね始めた。
すると家政婦はキヨンに"ああ,そのノートブックのために来られたんだなあ。
それかなり重要な物だったと見ます。
警官様出張に行って気が気でなくて忘れていたところで"という話(言葉)と共に驚くべきことにノートブックの存在に対して知らせた。

キヨンは闇の背後勢力を明らかにできるナム・サンウォンのノートブックをいよいよ探したという喜びに急いで,家政婦に"それどこにありますか?"と尋ねたが,意外にも家政婦は"それ持っていきましたがその同僚さまが。
警官様は同僚といったんですよ?"と答えて,キヨンを驚くようにさせた。
キヨンが到着する一時間前,サイバー捜査隊のヨンソク(クォン・ヘヒョ)がウヒョン瞬間の顔が固まったキヨンはウヒョンが死ぬ前に残した"私だけがいや,警察内部に同調者がもっとあって"という話(言葉)と共に楊平(ヤンピョン)家にくる前、楊平(ヤンピョン)近所公衆電話ボックスで偶然にあたったヨンソクとの出逢いを記憶して出した。

衝撃的にもヨンソクがサイバー捜査チームに隠れている闇の背後勢力同調者であることを悟るようになったキヨンは緊急に自身の車を運転しながら,ヨンソクの行方を追いかけ始めた。
ついに友へをくやしく殺した闇の背後勢力を捉えるために強烈な復讐の疾走を始めたソ・ジソプに視聴者らの賛辞があふれている状況.
視聴者らは"今日ノートブックを持って逃げたクォン・ヘヒョ氏を捉えるために道路を疾走するソ・ジソプ氏の目つき演技本当に圧倒的だった","警察内部のスパイがクォン・ヘヒョ氏だなんて本当に衝撃的だった。
ソ・ジソプがその間同僚と信じたクォン・ヘヒョの秘密を知るようになりながら,どのように復讐を始めるのか今後の内容がとても期待される"等の反応を送った。

ドラマ関係者は"その間霧のように区分されていた闇の背後勢力に対する正体がもう徐々に輪郭を表わし始めたし,それによりソ・ジソプも強烈な復讐を始めること"としながら"友へのくやしい死と自身の本当に姿を取り戻すために孤軍奮闘するソ・ジソプの新しい姿期待してくれ"と伝えた。
一方'幽霊' 10回分末にはナム・サンウォンのノートブックを盗んだヨンソクがサービスエリアでセガン証券のチョ・ヒョンミン(オム・キジュン)に会う場面が電波に乗った。

卑劣な微笑を浮かべながら,ヒョンミンと向かい合って座ったヨンソクと同じ見解,ヨンソクを追って,道路を疾走するキヨンの姿が交差路見られられながら,これからキヨンがヨンソクからノートブックを取り戻してファントムの実体を明らかにできるか関心が傾いた。
pontan@osen.co.kr


最後、面白かった~~
キヨン頑張れ~~


‘幽霊’ソ・ジソプ,クァク・トウォン,年末授賞式男男カップル欲を出しますか?

20120629_1340896900_42647500_1.jpg
俳優ソ・ジソプ,クァク・トウォン コンビが注目されている。
ソ・ジソプとクァク・トウォンはSBS TVドラマスペシャル‘幽霊’(金ウンヒ脚本,金ヒョンシク,朴シンウ演出)で金ウヒョン役とクォン・ヒョクジュ役を担って,熱演中だ。

劇中ウヒョンとヒョクジュは犬猿の仲で登場するが一連の事件でからまった後お互いを牽制しながらも,幻想の呼吸を見せている。
去る27日放送された‘幽霊’ 9回の方ではウヒョンとヒョクジュがナム・サンウォン代表殺人事件真犯人を捉えるために孤軍奮闘する姿が描かれた。

ナム代表妻の家で偶然に会ったウヒョンとヒョクジュはお互いに疑いのまなざしをおさめることができなかったが共に事件を解決することに一致協力した。
引き続きヒョクジュ自身の車両タイヤに私はパンクを見て癇癪を起こして,ウヒョンはかかわらずに淡々と対しながらわずかな神経戦を繰り広げることもした。

しかし調査中間にもこの二つはふらついた。
ウヒョンが“この事件をなぜ調べるのか”と尋ねて,ヒョクジュは“それをなぜ私が君に話すべきなのか”と答えた。
これにウヒョンも“(私がどこへ行くのか)なぜチーム長に話さなければならないんですが”と応酬しながら,語調を高めた。
それでも盗聴と尾行にあっている事実を感づいたウヒョンとヒョクジュは最大限自然に行動しながら,盗聴周波数を捉えるためにラジオをつけた。

この時ヒョクジュが少女時代テのふりでの‘トゥインクル’を呼びながら踊って,ウヒョンはあきれるという表情を浮かべながらも,こっそり笑った。
視聴者らやはり爆笑した。

ウヒョンとヒョクジュは‘幽霊’ 4回から尋常でなかった。
当時ヒョクジュはウヒョンを見て“ア~同じ服違った感じ!
私はそれで君が嫌いで”と独り言をして,視聴者らの堪えていた笑いを刺激したことがある。

反転に反転を繰り返しながら,毎回話題を知らずにいる‘幽霊’は多少重くて難しい素材で飾られている。
だがソ・ジソプ,クァク・トウォン コンビのゴマ粒のようなセリフと妙な付き合いは視聴者らにわずかな面白味を与えている。
これに二人の殺伐な呼吸と対立が劇を引っ張っていくに当たり調味料同じ役割をすると展望される。
ソ・ジソプ,クァク・トウォン コンビがこれからどんな活躍を繰り広げながら,真犯人を捉えるのに一歩近付くのか,またどんな姿で視聴者らを微笑を浮かべるようにさせるが帰趨が注目される。
写真=SBS TV ‘ユリョン’画面キャプチャー
朴帰任記者luckyim@tvreport.co.kr


この2人は良いコンビですね。。
仲悪いようで悪くない。。
クァクさんのキャラがいい~~


10話のラストシーン。。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

chiki

蘇志燮、B'z、X JAPAN、BIGBANGが好きです♪ヨガや楽しいこと大好き♡