FC2ブログ

「幽霊」関連^^

幽霊
08 /16 2012
ドラマは終わったけど、関連記事。。


「幽霊」台詞の発音の難易度は?“早口言葉並み”

1208151.jpg

TVREPORT |2012年08月15日16時55分

SBS水木ドラマ「幽霊」に登場した台詞の難易度が、今になって話題となっている。

韓国で14日に放送されたSBSバラエティ番組「強心臓(カンシムジャン)」には、「幽霊」でチョン・ジェウク局長役を演じたチャン・ヒョンソンが出演し、難しい発音のせいで困惑していたエピソードを公開した。

この日、チャン・ヒョンソンは「台詞が難しいほうなのに、台本が早く出なくて、練習をする時間がなかった。撮影が迫る中で台本を渡されると、発音の難易度をA、B、Cに分けた」と打ち明けた。

チャン・ヒョンソンは「スタッフたちも、AレベルのNGは理解してくれた。しかし、BやCレベルの台詞でNGを出すと、迷惑となる」と話し、「例えば『DDoS攻撃(標的となるサーバーのサービスを不能にする攻撃)は総合的なサイトの接続問題を起こすだけだ』という台詞はAレベル」だと説明した。

また「警察庁の盗聴事件に対する警察庁の捜査結果を発表します」という台詞はB+レベルだ。Aレベルの台詞の中で最も短い台詞はクァク・ドウォンの『今すぐパトカーを出動させろ!』だ」と話し、笑いを誘った。

話を聞いた「強心臓」の出演陣はAレベルの台詞に挑戦してみたが、全員が失敗し、「幽霊」の台詞の発音の難しさを実感した。

放送を見たネットユーザーは「『幽霊』の台詞の発音って、思ったより難しいんだね」「真似してみたけど、すごく大変だった」「『幽霊』の台詞の難易度で賭けをしたら面白そう」「『幽霊』の台詞をテストに出したらいいかも」などのコメントを残した。 元記事配信日時 : 2012年08月15日16時15分 記者 : キム・ジヒョン


日頃、生活で使わない用語がいろいろ出てくるもんね。。
慣れてないし、専門用語だし大変だったんですね。。




「幽霊」ソン・ハユン“最終回の放送後、胸が張り裂けそうな気持ちでした”
MYDAILY |2012年08月15日14時49分

1208152.jpg

スパイ映画並みの緊張感を与えて、9日に最終回を迎えたSBS水木ドラマ「幽霊」(脚本:キム・ウンヒ、演出:キム・ヒョンシク、パク・シヌ)で“チョリンガムジャ(ジャガイモの煮っ転がし)”と呼ばれた女優がいる。それは、ドラマ「幽霊」で注目を集めた女優ソン・ハユンである。彼女はサイバースペースでの弊害を告発し、深くて重たいこのドラマで“チョリンガムジャ”という親しげな呼び名で自身の魅力を思う存分披露した。

映画「火車」「私は公務員だ」などで観客の視線を引き付けた彼女は、ドラマ「幽霊」を通じてソン・ハユンという名前を広めた。彼女の名前より“チョリンガムジャ”として覚える視聴者の方が多かったが、それは重要なことではない。満26歳の彼女は、やっと女優としての道を歩み始めた。

「『幽霊』が終わって胸がはり裂けそうな気持ちでした」
ドラマ「幽霊」の最終回が放送された翌日に会ったソン・ハユンは、「最終回を見ましたか?」という質問に笑いながら「はい」と答えた。彼女は笑っているが、最終回を残念に思っているように見えた。

「最終回が放送されて胸が痛かったです。それで監督に『胸が張り裂けそうな気持ちです。皆そうですよね?』とショートメールを送りました。監督は『よくやってくれたよ。お疲れ様。一緒に食事でもしよう』と返信をしてくださいました。本当に胸が痛かったです。『ドラマを愛してくださった視聴者の皆様に感謝いたします』というテロップを見て本当に終わったことを実感しました」

「幽霊」の最終回はまさに“幽霊”らしかった。チョ・ヒョンミン(オム・ギジュン)会長を捕まえるために、パク・ギヨン(ソ・ジソブ)はSNSを利用した。さらに彼に彼が殺したシン・ヒョジョン(イ・ソム)が妊娠していたことを話した。自身が犯した過ちを知ったチョ・ヒョンミンはシン・ヒョジョンを突き落とした所で身を投げた。このような結末の中で“ミチンソ(狂った牛)”クァク・ドウォンの恋人になるソン・ハユンという結末もソン・ハユンらしかった。

「結末は気に入りました。クァク・ドウォン先輩の恋人になるというのはシノプシス(ドラマや舞台など作品のあらすじ)に書いてありましたが、はっきりしたことは分からなかったんです。先生(脚本家)が先輩と私のいざこざを良く見てくだったようで、台本をそのように書いてくださったんだと思います」

ソン・ハユンの国民的ニックネームとなった“チョリンガムジャ”もクァク・ドウォンとのラブラインを描く過程で誕生した。

「元々台本に書いてあった“チョリンガムジャ”はそんなに強く発音しませんよ。でも、撮影に集中して段々強く発音するようになったと思います。先輩に『このチョリンガムジャが!』と言われて、私は『私もブサイクな人は嫌です』と言い返しました(笑) 」

劇中ではゴタゴタする愛憎の関係であり、恋の相手だったが、実際のクァク・ドウォンは、ソン・ハユンの素敵な演技の先生であった。

「クァク・ドウォン先輩はアイデアをたくさん出してくださいます。また、その瞬間ごとにセリフ合わせをしながら先輩の演技のノウハウを教えてくださいました。そんな先輩の気持ちに応えるために、常に撮影1~2時間前に撮影現場に行って準備していました。演技についてたくさん教わりました」


「撮影現場では緊張しません」
劇中のソン・ハユンはインターネットメディアであるトゥルーストーリーの記者チェ・スンヨンを演じた。初めて記者役を務めて負担を感じ、パソコンを扱ったドラマだけに難しいこともあったが、彼女は見事に演じきった。

「自然に演じるのがいいと思いました。スンヨンというキャラクターは記者ですが、大学を卒業して就職するためにあちこちへ履歴書を送ったあげく、トゥルーストーリーの記者になったんです。私も記者という役で負担を感じて先輩方に聞いたり、悩んだりしましたが、多くの方がリラックスしてそのキャラクターを表現すればいいと言ってくださいました」

この日、彼女はインタビューをする前に写真撮影に臨んだ。他の女優とは違って写真撮影を恥ずかしがる彼女の姿から、ドラマ「幽霊」の制作発表会でカメラの前で緊張していた姿を思い出した。演じる時には別人のように変わる彼女の姿を見た一人の記者として、写真撮影に緊張する彼女の姿は新鮮である。

「演じるときは大丈夫ですが、写真撮影は難しいです。なぜ写真撮影に緊張してしまうのかは私にもよく分かりません。作品以外のことで注目されると大変です。作品の撮影現場ではそうでないのに。私は作品の撮影現場では緊張しません(笑) 」

「私の存在を知ってくれる人がいるのが不思議です」
彼女の本名はキム・ミソンである。彼女はキム・ビョルという名前から“夏の日差し”という意味のソン・ハユンという名前で活動している。ドラマ「幽霊」は、彼女が名前をソン・ハユンに変えて出演した初めての作品である。そのため彼女は、「幽霊」に深い愛情を示している。ソン・ハユンという名前のためだろうか。ソン・ハユンは女優として注目を集めている。

「私の存在を知ってくれる人がいるというのが不思議です。この間アイスクリームを買いにスーパーに行ったんですが、子供たちに『チョリンガム、どこへ行くの?』と言われました。また、あるおじいさんには『君が8階に住んでいるガムジャか。ドラマを楽しく見ているよ』と言われました。その街に10年以上も住んでいるのに本当に不思議で、感謝の気持ちで一杯でした」

家より撮影現場にいる時間が楽しかったと笑うソン・ハユンの姿から、彼女がいかに作品に深い愛情を持っているのかを感じることができた。彼女はスターになることより、視聴者や観客と親密になりたがっていた。

「華やかな女優よりは、素直で親しげな女優として視聴者に近づきたいです。これが一番いいと思います。私は演じることができて幸せだと思います」 元記事配信日時 : 2012年08月14日07時13分 記者 : チェ・ドゥソン、写真:ハン・ヒョクスン


ドウォンさんと良いコンビというかカップルに最後なってましたね。。

ドラマの最初の方は苦手なタイプでしたが、後半少しマシになりました。。(-_-;)
役柄につい影響される><


スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

chiki

蘇志燮、B'z、X JAPAN、BIGBANGが好きです♪ヨガや楽しいこと大好き♡