スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジソブ★映画投資^^

ジソブ
09 /28 2016
またまたご無沙汰です^^

ジソブを検索しても最近あまりないね。。

撮影頑張ってるのかな?

映画の投資のニュース^^

ウディ・アレン,チァンイモウそしてソ・ジソプ

160928.jpg


俳優ソ・ジソプが最近海外多様性映画投資に積極的にでながら目を引いている。

米国映画‘カフェ ソサエティー’(2016)と中国映画‘5日の出迎え’(2014)の共通点は何だろうか。
世界的な名声を持った監督が作ったという点をひとまず選べる。
‘カフェ ソサエティー’は米国独立映画界の長い間の代表走者ウディ・アレン監督が,‘5日の出迎え’は現代中国映画のアイコンのように見なされるチァンイモウ監督が各々メガホンを捉えた。

また他の共通点は二つの映画皆多様性映画という点だ。
物量攻勢に頼ることより映画固有の完成度に支えて,情熱映画ファンらの支持を引き出そうとする作品らだ。
簡単に話せば大衆性が弱くて興行性が落ちる映画らだ。
ここまではかなりの映画ファンらならば分かるほどの共通点.

隠された共通分母は投資家だ。
‘カフェ ソサエティー’と‘5日の出迎え’は映画俳優ソ・ジソプが投資して,国内封切りが形成された。
ソ・ジソプが封切りに関与した'カフェ ソサエティー'は多様性映画市場で興行モールこれをしている。

1609282.jpg


多様性映画市場の息は‘実力者’
多様性映画ファンならばスクリーンでソ・ジソプの名前をたびたび向き合うようになる。
出演俳優でない投資家(共同提供と表示される)ロソだ.

どんな映画の題名が浮び上がって国内輸入会社の名前が登場した後,ソ・ジソプの実名が彫られる式だ。
2年余りの間、米国とイタリア,日本,中国映画など10編の外貨らがソ・ジソプの名前と共に観客と会った。
この程度なら多様性映画界の隠れた実力者中1人でもしても科しない。

ソ・ジソプが海外多様性映画投資に出た時期は2014年だ。
スチーブン プリオス監督の‘ピローミナの奇跡(汽笛)’(2013)が開始だった。
若い時期子供を米国で養子縁組送らなければならなかったある英国未婚の母が時間が流れて,成人になった息子を探しに出る過程を含んでいる。

当時関係者によればソ・ジソプが映画を見て感動して,映画封切り過程で投資をしたし,自身の名前を入れながら,映画に対する愛情を表わしたかった。

ソ・ジソプが外貨投資家で名前上げることは一回だけの性質に終わったり非常にまれなことになることができるという暗示した。
だが以後ソ・ジソプの投資歩み(動向)は続いた。

2014年‘5日の出迎え’と日本監督ナカシマ テツヤの‘のどの渇き’(2014)がソ・ジソプと一緒にした。
昨年には‘夜を歩くヴァンパイア少女’(2014)と‘彼女,イングリッド バーグマン’(2014),‘私の私的なガールフレンド’(2015)がソ・ジソプの投資に力づけられて,観客と会った。

今年は古典映画‘ビートルズ:ハドゥデイジナイトゥ’(1967)とトム ヒドゥルストン主演の‘ハイ-ライズ’(2015),‘ピゴスプルレシュ(2015),‘カフェ ソサエティー’がバトンを繋いで受けた。
工作という修飾が科しない作品らの連続だ。

ソ・ジソプは彼ら映画を直接輸入しない。
映画会社燦爛が輸入した作品ら中にソ・ジソプが見ては他の人らが自身と同じ感動を受けたら良くて考える映画らに投資をする輸入の後なされた投資は普通封切りとマーケティング費用で使われる).

燦爛の代表と,ソ・ジソプが設立して所属した演芸企画会社51Kの代表は親しい間と知られている。
ソ・ジソプが投資した映画に51Kが別途に投資する場合が大部分の理由だ。

◆ソ・ジソプ投資外貨の興行成績
映画観客数
ピローミナの奇跡 3万8,053人
5日の出迎え 5万4,802人
のどの渇き 6,884人
私の私的なガールフレンド 9,836人
夜を歩くヴァンパイア少女 3,416人
彼女,イングリッド バーグマン 2,207人
ハイ-ライズ 2万4,600人
ビートルズ:ハドゥデイジナイトゥ 8,576人
飛去スプルレシュ1万5,201人
カフェ ソサエティー8万3,419人
※映画振興委員会集計(23日基準)

1609283.jpg


チァンイモウ監督と空理(功利)の再会で話題を集めた'5日の出迎え'もソ・ジソプを通して,国内観客に紹介された。

興行選球眼も悪くなくて
ソ・ジソプが投資した映画らの興行成績表は悪くない。
上映中である‘カフェ ソサエティー’はソ・ジソプが投資した映画中最も良い興行成績をおさめている。

23日まで8万3,419人(映画振興委員会集計)が見た。
多様性映画なのに提示アイゼンバグ,クリスティーン,スチュワート,スティーブ,カレル,ブレイク ライブリーなどハリウッド スターらが出演したし,エーロン監督の知名度がかなり大きい影響力を発揮した。

‘5日の出迎え’は5万4,820人,‘ピローミナの奇跡’は3万8,053人を各々集めた。
‘ハイ-ライズ’(2万4,600人)と‘ピゴスプルレシュ’(1万5,201人)もそんなに悪くない興行成績をおさめた。

多様性映画市場では2万~3万観客だけ聞いても興行したという説明が従って5万を越えれば‘大当たり’という修飾(数式)がたびたびつく。
投資は元金回収はもちろん収益を狙うはずだ。
だがソ・ジソプは外貨投資過程で“損も利益もなしだけしたら良い”という風を現わす。

それでも金を儲けるために投資するのではないかという疑問と,本格的に映画輸入に出るための予行練習ではないかとの誤解を呼び起こすほどでもある。

だが直ちに金儲けだけをためにか未来をながめて授業料を出すことならば韓国映画投資がはるかに有望でないだろうか。
口数少なくて映画関係者との交流も多くないソ・ジソプが自分だけの方式で静かに映画愛を実践するというのがさらに合う分析であろう。
wenders@hankookilbo.com


こんなにたくさん映画の投資をしていたのは知らなかった。。
自分の気に入った作品に投資してるんやね。。

愛着のある映画のエンドロールに名前が出るのは嬉しいね。。
ジソが投資したってことで、どんな映画だろうって見たくなる人もいるもんね。。
これからも映画を愛し、こういうことやっていって欲しいな~~
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

chiki

蘇志燮、B'z、X JAPAN、BIGBANGが好きです♪ヨガや楽しいこと大好き♡

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。