FC2ブログ

「カインとアベル」最終話放送^^

カインとアベル
12 /20 2009
とうとう「カインとアベル」20話、最終話。。

ソヌは一刻を争う状況。
ソヌはチョインでなければ手術を受けないと・・
副院長は「チョインはあなたを殺すかもしれない。。」
それでもかまわない。自分の生死はチョインに任せると・・

屋上にいるチョインの携帯が2回鳴る。でも出ない。
着信音が変わる。ヨンジから。。
「先生どこですか?」「今は誰とも会いたくない。。」
「お父様から会うように頼まれました。。」

副院長がヨンジと院長のところに来てチョインの行方を聞く。
ヨンジは知らないと答えるが、院長に「ソヌがチョインでないと手術を受けないと言っている。ソヌを助けて。。」
という話を聞く。

たぶんヨンジが居場所を教えたと思うが、副院長が屋上のチョインのところに来て土下座をする。
「ソヌを助けて。。ソヌを助けてくれたら何でも言うことを聞く。
死ぬまで罪を償う」
「イ・ソヌはオペしても延命することしか出来ない・・・いずれ死ぬ・・」
「完治できなくても1日でも長く一緒にいたい。。ちゃんとお別れがしたい。。
お兄さんを助けてあげて。。」
「オレに兄などいない。。戻って死ねと伝えろ・・」
20-1.jpg

その様子をヨンジは見ている。

ベンチに座っているチョイン。
ヨンジが来る。
「先生の気持ちはよく分かってます。
兄弟であることや争いを除けば先生は一人の医者でお兄さんは一人の患者です。。」
「オレの自由にさせて欲しい」
院長からの手紙を渡す。
20-2.jpg

カン先生が手術室に向かう。
後ろ姿が映る。
カン先生とチョイン。
手を洗っている。どう見てもチョイン(ジソの手)
たまにカン先生の手も映されるけど、ジソの手はすぐに分かる
20-3.jpg

チョインが手術室に入る。

ヨンジが院長室にいるとチョインからメールが入る。
「今から手術をしてくる」

手術シーン。
腫瘍摘出。
腫瘍の一部が残っていることを指摘される。

「オレを生かすも殺すもお前次第だ。。」
「お前の望みどおりにしてやる。後悔しながら生きろ。。」
20-4.jpg


院長からの手紙。
週末の救急室に運ばれたお前の両親を助けることが出来なかった。
彼らの償いの想いから救命センターを作ることを願い、託せるのはお前しかいないと思った。
なぜ運命かコレで分かっただろう。。
私はソヌを傷つけてしまった。。私が与えられなかった愛情をお前が補って欲しい。
父さんの気持ちを分かってくれるね。。」
20-5.jpg


「ごめんね父さん。。初めて父さんに背くかも知れない・・」

腫瘍摘出の手術終了。

ジングン先生とナム先生は「腫瘍がまだ残っている」と話をする。
「経過を見よう。このことは内緒に。。」

手術は成功。

ロッカー室に座り込むチョイン。
20-6.jpg

ジングンがキム医局長に腫瘍の件で話しているとチョインがやってくる。
話をそらすジングン。
20-7.jpg

ソヌを見るカン医師。
意識はあるが反応しない。
「手術は成功したのにありえない。。」
副院長は「ソヌは一生このままなの?」
ナム先生がチョインの手術に問題があったのではと言う。。
カン先生は「問題は無かった。すべて執刀医が判断すること。。」

車椅子に乗せられて検査を受けるソヌ。
副院長はショック。。
「余命2年をあの状態で過ごすなんて。。」

ヨンジがソヨンに院長がソヌに宛てた手紙を持ってくる。

車椅子のソヌを見るチョイン。
カン先生が「意識は戻りましたがこの状態です。思い当たるところはありますか?」
「自分で選んだ手術だ。原因は自分が1番よく分かっているだろう。。」

副院長は院長のところに来てソヌは眼を覚ましたけど、院長と同じ状態だと報告に来る。
チョインが手術したから自分のことが憎くて復讐したと思ってる副院長。
「チョインが将来真実を知るのが怖くて遠くに行って欲しくて辛くあたった。。」

院長はマウスを持って文字を打つ。
「自分を責めるな。そうさせたのは私だ。。すべて私の責任。。
一緒に罪を償おう。私の愛する妻。。」

いつの間にそんなに早く文字が打てるようになったのか院長

ソヨンは院長が書いた手紙を読む。
「ソヌ、愛している。。許してくれ。。」
脳神経外科を勧めた理由、チョインに救命センターを託した理由、などが書かれてあった。

涙を流すソヌ。
それを見ていたチョイン。
20-8.jpg
20-9.jpg

分からないはずのソヌが手紙を読んでもらって涙を流してる。。。
っていうことは。。。

ヨンジが清州に帰る用意をしている。
ビックリするチョイン。

ココには戻らない。。
先生の気持ちが楽になったら、迎えに来てください。。
「ヨンジさん、必ず迎えに行く。。」
20-10.jpg





一ヵ月後、副院長は病院を辞めた。
ソヌは療養所へ。。。

ジングンはキムセンター長にプロポーズ。

部屋を片付ける副院長。
チョインが来て「どういうつもり?これで罪を償ったつもりか?」

謝る副院長。
両親を奪った罪はこんなことで許されないけど、あと数ヶ月か2年か分からないけど、
その後で必ず罪を償うから。。。本当にごめんなさい。。
20-11.jpg


(そのときは私を母さんと呼んでくれる?息子と呼んでいい?)

ベンチに座って泣くチョイン。
(私もあなたを母さんと呼びたいけど、今は無理です。。。。)
20-12.jpg

ヨンジはジノと買い物。
バイクを2人乗り。
ジノに出前の電話が入ってヨンジを置き去りにして、行ってしまうジノ。

怒って振り返るとチョインが立っていた。
「イ・チョイン先生ですか?」
20-13.jpg


ハグ~~

ポッポ~~
20-14.jpg
20-15.jpg
何回見たか、このシーンひぃ~

「俺たち清州で暮らそうか?」「先生と一緒なら私は幸せです。。」
20-16-2.jpg
これも~~

そんなにばかりしなくても~~

ガンチョルオッパのお墓に結婚の報告に来る。
20-16.jpg

ソヌとソヨンのいる場所に行くチョインとヨンジ。
ソヨンは毎日が幸せだと。。
20-17.jpg

車椅子に座るソヌにチョインが
「イ・ソヌ。牢獄生活にも飽きたんじゃないのか?
犯した罪を悔いて自ら閉じこもった牢獄なら出てこいよ。。」
20-18.jpg

分かっていないふうに演じていたソヌ。
「オレはまだあんたを許せない。俺たちが1番光り輝いてたあの頃にあんたが戻れなくした。。
戻りたくて仕方ないのに。。
もう2度とこの世で1番愛してた兄さんには会えないんだ。。
その望みが叶わなくてもいいからいい加減に戻って来いよ。。
そこは一人ぼっちで寂しいだろ?」
ソヌの肩に手を置くチョイン。
ソヌも手を重ね号泣。。
20-19.jpg
20-20.jpg
20-21.jpg
2人とも上手い
泣ける~~。・゚゚・(>д<;)・゚゚・。 ヒィッ

<チョインのナレーション>

人は記憶と共に生きるものだ。
記憶は思い出したければ、思い出せるものだ。

だが消したくても消せない記憶もある。
生きるということは、消したい記憶を作らぬよう幸せな記憶を
積み重ねる努力をすることかもしれない。

身近な人であればあるほど傷ついた跡は長い間消えずに残るものだ。
だが消すことの出来ないその傷もまた人によって癒される。
誰もが多かれ少なかれ幸せな記憶を糧に生きていくんだ。

「人を救うことが出来るのは人だけだから。。。」

回顧シーン。
20-23.jpg
20-24.jpg
20-25.jpg
20-26.jpg
SBSではここで終わっていたけど、WOWOWではオリジナルの回顧シーンのショットになっていた。。

リアルで見たときも最初、腫瘍の摘出はわざと残したのではないかと思った。
そう思わせるような台詞もあったし。。
でもチョインは全摘出に元々反対していたし、副作用のことを考えたらソヌにとって
ベストな方法だったんだと思う。

ソヌもチョインに申し訳ない気持ちから、意識はあるが反応しない風を装っていたけど
チョインはお見通しだった。。

今は許すことは出来ないかも知れないけど、最後の言葉にチョインの優しさを感じとれ、
許すことへの一歩を踏み出した。。

ラストの撮影のメイキング映像を見ても泣いてたもんね。。ジソ。。。
ナレーションで泣いたのかなって勝手に想像してたけど・・・

出演してる人もみんな上手くて、安心して見れました。

出演が決まってからなかなか製作されずにいて、やっと出演できた「カインとアベル」。
内容は当初のものと大幅に変わってしまったけど、最後まで無事に撮影がされて本当に良かった。。
もう一度。。「お疲れさまでした。。。」


<スペシャルインタビュー>

※特に思い入れのあるシーン

J:すべてのシーンを大切にしました。
最後に兄弟で川辺を見つめるシーンと最後に訪ねていくシーンも良かったです。。

S:私も好きなシーンです。
でももっと好きなのはキスシーンかな?(ジソブ、大笑)
先にジョンアンさんと彼がキスシーンを撮っていました。
私は2番手だったんでちょっと複雑でした。。(ジソブ:大笑)


※他に印象に残ってるシーン

S:18話。チョインと2人で話をするシーン。

父が私の手を握るシーンも印象的でした。

ドラマが終わっても忘れられないのは、チョインのナレーションです。
「人間を救えるのは人間しかいない」
このナレーションが心に残っています。

J:このドラマのすべてを物語ってるシーンです。
実際に見れば共感してもらえるでしょう。。


相変わらずヒョンジュンオッパはジソを笑わせてました

オッパがインタビューで答えてたシーンはどれも印象的でした。。
ドラマが終わって、今は少し寂しいです。。。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

足~ッ

足~ッ オペ服で膝下から歩いて映ってる時のビミョーな指の動き なぜだか、萌え~ッでした

NoTitle

は~いろいろな想いが交錯した涙の最終話だった。

院長の手紙がそれぞれに良かったけどソヌも辛かった・・
ソヌのシーンでも泣けたわ。
副院長はどうあっても罪が重すぎて許せない。
ロビーの椅子で号泣のチョインはやっぱり涙でしたね。
手術は全摘してたら本当に運動神経とか障害が出てくるので
敢えて残したんでしょう。
ただ生かすのではなく残す事で罪と向き合えって事なのかな?

最後のナレーションはリアルでも泣けたけど今回も泣いた・・
ロケバスの中で録音した後ジソが泣いてたって聞くけど
カイアベが完成するまでの苦労とかいろいろな事よぎったんだろうね。
私もリアルで見てて「ジソお疲れ様」って涙涙だった。

が!あの車椅子のソヌとのシーンの音楽の乱れ!直さなかったの??
アイキャッチのカットで突然ブッツリ音楽キレて場面が変わるとこ多いし。
今回は音楽の入る場所が変わってる場所が多くて
「ここはこの曲じゃないでしょ?」ってところが多すぎた。
結局はOSTの曲全部使ってたんだったらSBSの放送のまま流して欲しかったわ。
SBSのと同様に最後「愚かな愛」のジソのラップが流れるまでハラハラでした。
字幕も変な部分が多くてこのままDVDになったら嫌かも・・

ougiしゃ~~ん^^

私も足と洗ってる手、大きな背中に目が釘付け。。

カン先生との違い、すぐに分かる~~v-238

a-chan^^

a-chanはハングル分かるから、特に言い回しとかに気になるところがあったかもね。。。

分からない私は「なるほど~~そうだったのか~~」と、分かってスッキリした部分も多かった。。

DVDには誰の字幕になるのでしょうか?
吹き替え版も放送されるみたいだし。。。

お疲れ様~~v-222

chiki

蘇志燮、B'z、X JAPAN、BIGBANGが好きです♪ヨガや楽しいこと大好き♡